51qopurl8ql

台所で生み落とされ、台所の匂いに包まれて成長した美しい娘ティタ。台所は彼女の聖域。伝統の鎖から解放される唯一の場所だった…。革命の嵐が吹き荒れるメキシコの... 続き

コメント

私が大好きなお店の料理人(女性)からオススメされた本。1月から12月まで主人公が作るメキシコ?スペイン料理のタイトルから始まる。料理の手間暇を感じながら、官能的であり、生きること、生と性をつなぐものが料理だと感じる。
物語の展開はえー!と思うことがたくさんあって、現実離れしとファンタジーなてんかいもある。例えば、涙で洪 部屋が水浸しになったり、料理に魔法がかかったり、鳥たちの喧嘩が竜巻を起こしたり。笑
理不尽な母親からの圧力、しきたり、選択権のない不自由さを感じながら、愛とは本能的なものなんだと。現代にはない感覚でみんなが愛を知り、掴み取って行く。抗えない感情に出会った時、迷わず、正直になることが、幸せではないかもしれない。それでも、手を伸ばしたくなってしまうもの。
読み終わったあとは、手の込んだ料理を作りたくなってしまった。出来ればそれを1人ではなく、好きな人と一緒に食べたい。
2019.01.19

読者

2a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4ed

文芸

わたしを支えるもの すーちゃんの人生

わたしを支えるもの すーちゃんの人生

8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6

キムチン(Yoko Okamoto)

大阪府出身

食品を製造している友人も、すーちゃんと同じく『食べることは信じることなんだ』と言っていて、ほんとそうだよなぁと。 いい話がたくさんだった。それだけにスナップエンドウの描写が…。あ、でもひょっとして、地這いスナップエンドウってあるのかな?

約17時間前

もう生まれたくない

もう生まれたくない

F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9

さそり座

誰かの訃報を聞いた時に思うことや語りあうこと。ふだんあまり意識していないけど懐かしいような感覚を覚える小説だった。

1日前

B2eb070c 3690 46c4 882f 259051c4fefcAa6757ef 49bd 4cdc a2bc 62d90d107f14C8ab4ca0 717e 41de af3d e95859008373
魂の沃野(上)

魂の沃野(上)

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川 正夫

よろしくお願いします。

ありそうであまり読んだことがない、浄土真宗の独立国家へ移行する、戦国時代前期の加賀を舞台とした小説。目の付け所が流石です、。

2日前

イヴリン嬢は七回殺される

イヴリン嬢は七回殺される

Cfcac1ce 1906 4eb5 b246 12ed0104cd61

Toyohiro Kanazawa

ジャンル問わず

タイムリープと殺人ミステリ。タイムリープすると別人格になり自分自身も命を狙われる。どうやってこのクローズドサークルから抜け出すのか、ドキドキして後半一気に読んでしまった。面白かった。

2日前

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921847c1dc9c5 4e7b 4e9c b2da 83d8eaeda6527a9cc2e9 e307 4227 aceb 7b80eea8b47c