9784062115766

コメント

赤ちゃんは3ヶ月早く生まれてきてしまったという説。

進化の過程で人間の脳は大きくなり過ぎてしまったため、子宮を通るために予定よりも3ヶ月早く出来てきた。そのため最初の3ヶ月は目もちゃんと見えないし、しっかり聴こえない。意味もなく泣いてしまうのは子宮に戻りたいから。なので子宮内と同じ環境を作ってあげると生まれて3ヶ月までの赤ちゃんは泣き止む。

そのためのステップは5つ。

1 まずおくるみで包む。その時に手を伸ばした状態で包み、手が自由に動かないようにする。
2 横向き又はうつ伏せに寝かせる。ただし夜中に寝る時は危険なので仰向けにする。
3 「シャー」と言った音を聞かせる。子宮の中は実はかなり音は大きく、赤ちゃんは大きな音の中の方が心地いい。実際に耳がまだよく聴こえないので、大きな音でも問題無い。
4 ゆらゆらと揺さぶる。特に初めは小刻みに揺らすといい、眠くなってきたら大きな揺れにする。
5 おっぱいやおしゃぶりを使う。3ヶ月頃まではしっかりと考えることも出来ないので癖になることはない。

以上の5つを組み合わせてみるといい。
ただし一日中ではなく、基本的に寝て欲しいときがよく、赤ちゃんによるが3ヶ月を超える前に辞めるのが望ましい。

読者

Faf9129c 381e 4757 9b00 74fbbc70754f

暮らし

子どもをじょうぶにする食事は時間もお金も手間もかからない

子どもをじょうぶにする食事は時間もお金も手間もかからない

48ef7387 d099 4f55 9b26 e692b005a2d2

shuri

ふつうの主婦 遅いですが20代か…

子どもの食事に悩む親が増えたのは、栄養教育が広まり出して子どものための食事を作るようになった昭和30年ごろから。 本来、子どもの食事の最大の目的は「空腹を満たすこと」だったはず。 生きるのに必要なことに知識はいらず、むしろ子どもの方が本能に忠実。お腹が空いてなければ食べないし、小さい胃袋にそぐわない、すぐにエネルギー源にならないような緑の野菜は食べないのがあたりまえ。朝ごはんはご飯に味噌汁で十分だし、お弁当もおやつもおにぎりさえあれば満足する。 しかし、砂糖と油脂類は脳を麻痺させ、満腹でも食べ過ぎてしまう。 食パンはスイーツである、の項目があるように、実際に私の子どももご飯は食べないときもパンは食べたがるから注意が必要だと感じた。 薄いし、2〜3ページの項目ごとに読めるので読みやすい。 #幕内秀夫 #子どもご飯 #粗食 #離乳食 #食パン #清涼飲料水

1日前

ワインの図鑑ミニ

ワインの図鑑ミニ

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

山梨はじめ、熊本、青森など含めて世界のワインの全てを豊富な写真付きで解説している。なんと言っても、2,000円代からのリーズナブルなワインがたくさん紹介されているのがうれしい。著者はあの、横浜君嶋屋の4代目。シリーズでチーズもある。

4日前

もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓

もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓

48ef7387 d099 4f55 9b26 e692b005a2d2

shuri

ふつうの主婦 遅いですが20代か…

毎日の家庭料理への凝り固まった価値観がガラガラと音を立てて崩れていく。料理へのハードルが大きく下がり「なんだ、これだけでいいんだ!」って思える。  現代の家庭料理がハレの食事になり過ぎてて、食に重きを置き過ぎてるんだと思う。 主婦はきっと楽になると思うが、家族の共感を得るためには読ませた上で実践した方が良さそう…?

4日前

20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a5205e62987e c886 487d 91ca 2aca587e5c79B6c630a3 1e6b 40b2 9330 1c4239fdd89b 38