41vcd1bpwql

目次 第一章 レイチェル・リンド夫人の驚き / 9 第二章 マシュウ・クスバートの驚き / 20 第三章 マリラ・クスバートの驚き / 40 第四章 「...
続き

コメント

孤児院から、グリン・ゲイブルスへ引き取られた想像力がとても豊かな少女アン。

腹心の友 ダイアナ、寡黙で優しいマシュウ、厳しいが愛情深いマリラたちとの出逢い。

生き生きと明るく元気で、たまに!?おっちょこちょいなアンのことが心から好きになる一冊。

終盤はマシュウやマリラたちとの心暖まる触れ合いに涙した。

全シリーズを読む予定。

その他のコメント

学生の頃から
ずーっとずーっとの愛読書。

もう、何回読んだことか…

しばらく間を置いて
大人になった今読むと
随分と印象が違っていて

こんなにも感動するお話だったんだと驚いた。

アンも周りの人たちも
ステキで魅力的。

あたたかくて、キュートで、
ロマンチック。。。

子供の頃は分からなかったアンの素晴らしさ、真っ直ぐさに大人になってからハマった本。

読者

3159ab4b a7b0 4e26 97cc 83d281647927E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cdd1d4d277d 61ff 4809 9aa1 0754948e4848Icon user placeholder73ab1136 eb9d 4d01 89f4 9009b127795e0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aIcon user placeholderA9a32416 732b 4ca3 9502 561a460f9958 57人

文庫

アムリタ

アムリタ

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

大学の映画サークルでの一幕。 天才が天才故の倫理観で無双する話。これ、ネタバレなしで感想書くの難しいね。 天才ならではの描写は、そこはかとなく、森センセの真賀田四季を連想させられる。 新装版出たけど、中身はどれくらい違うんだろう。

3日前

E524c3c4 c31b 442b b205 216ab74917798bd418a8 d4e9 4159 9418 0a9a5950206e1852c7f9 c8a3 4c55 bfe9 81a2fc5cd664 10
無人島に生きる十六人

無人島に生きる十六人

F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9

yuji

30代

レビューで知ったが実話とはすごい 明治時代の勤勉で何事も一生懸命な日本人達の遭難した話 日本人がみんなこんなだったら本当に日本はすごい国になるだろうと思う

4日前

E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabB07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947D6fe5dc5 0d13 4f56 bf1c dc3743379840 8