Btn appstore Btn googleplay
41vcd1bpwql

目次 第一章 レイチェル・リンド夫人の驚き / 9 第二章 マシュウ・クスバートの驚き / 20 第三章 マリラ・クスバートの驚き / 40 第四章 「...
続き

コメント

孤児院から、グリン・ゲイブルスへ引き取られた想像力がとても豊かな少女アン。

腹心の友 ダイアナ、寡黙で優しいマシュウ、厳しいが愛情深いマリラたちとの出逢い。

生き生きと明るく元気で、たまに!?おっちょこちょいなアンのことが心から好きになる一冊。

終盤はマシュウやマリラたちとの心暖まる触れ合いに涙した。

全シリーズを読む予定。

その他のコメント

学生の頃から
ずーっとずーっとの愛読書。

もう、何回読んだことか…

しばらく間を置いて
大人になった今読むと
随分と印象が違っていて

こんなにも感動するお話だったんだと驚いた。

アンも周りの人たちも
ステキで魅力的。

あたたかくて、キュートで、
ロマンチック。。。

子供の頃は分からなかったアンの素晴らしさ、真っ直ぐさに大人になってからハマった本。

読者

Icon user placeholder02f122d6 27a7 443d 8f21 005742d51afaIcon user placeholder930a554a 2042 4df5 aa48 a83aea322d673159ab4b a7b0 4e26 97cc 83d281647927E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cdd1d4d277d 61ff 4809 9aa1 0754948e4848Icon user placeholder 61人

文庫

犬神家の一族

犬神家の一族

Icon user placeholder

msht.uesk

50台の不出世のサラリーマン

金田一耕助シリーズの中でも、佐清で有名なやつ。 むしろ、映画を観た方がよりいいかも… 横溝正史が死というものを意外とあっさりと使うのに対して、市川崑は上手く映像で際立たせていると思う。 特に、最後の煙草の煙のシーンは、個人的には心に残っている。 まぁ、みてみんしゃい。

約11時間前

121a33fe 3aeb 4bfe 83bd 7481eb1fe2c9D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832 13
追想五断章

追想五断章

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

最初はお金とほんの少しの興味だけで始めた「リドルストーリー探し」がいつの間にか、他人の家族の過去を知るうちに引き返せないところまで深入りしてしまう主人公…。 故人・北里の為人や誇り、想いが明らかになるにつれて、どんどんと話に引き込まれていきました。 全体的に暗めではあるのですが、古書であることと登場人物たちが自分なりの誇りや威厳を持っているからこそ、その暗さが物語の重厚さにそのまま転換してるように思えました。 ラストは「衝撃的な結末」とまでは言いませんが、今までのあれやこれやが全て伏線として回収されていく仕掛けは見事すぎます…!そして、ミステリーとしては十分すぎる上に、物語としても最後に余韻が残る終わり方でした。 リドルストーリーを探し、過去を明らかにしたものの、可南子にも芳光にもこれからが待っています。ここはある意味では転換点・通過点でしかないことを感じさせてくれる終わり方で、切ないようなそれでいて少し温かいような…そんな不思議な気持ちになりました。 米澤穂信さんは、ミステリーだけどちゃんと人間模様を描くような作品が多いなぁと思い直した作品でした。

1日前

Icon user placeholderA4f7aadd 4881 4559 9613 2aa4ba3d9357Icon user placeholder 28
フィツジェラルド短編集

フィツジェラルド短編集

         normal

soe

ニートやめてみました/ただいま人…

フィッツジェラルドの良さがやっと少しわかった気がした。キラキラしててほろ苦くて、文章が素敵なんだなぁ。

1日前

A6993cd7 c8b3 434b 93f0 c5eaa2bda1f50023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cD4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a 14
形を読む 生物の形態をめぐって

形を読む 生物の形態をめぐって

A80b23ae d6c3 4088 909d e7a4fd93be4f

白鯨

作品を楽しみ、その感想、考察を漏…

学生時代からずっと氏の書籍は読ませて頂いていた。 大人になってもその魅力は変わらず、 時折、なにかの拍子に読みたくなる。 そういう本が多い。 だが、東大の解剖学者故に、 中には少々難しい本もあり、この本もその類かと。 学術的な言い回し、専門用語が散見され、 凡俗の自分には些か内容が上手く飲み込めないことも。 なので完全には感想と考察を述べる事は出来ない。 あと数回読まないと。 今の時点で分かる事は、 人間、だけでなく、地球上に存在している生命、 いや、かつて存在した生命全てが対象になる学問。 進化という事象を、あらゆる生命が範疇に入る その膨大なデータを扱う学問を実践し、 生命が辿ったであろう軌跡を明らかにする。 何処がゴールなのかも分からない。 というか何がゴールなのか。 既にとうに還暦を過ぎた著者がそれでも思考する。 長年考えてきた生命への疑問。 同時に、それは自分という存在への疑問にもなっているように見えてしまう。 気のせいだろうか。

4日前

Icon user placeholder0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aA7b32b35 7dce 4914 8f24 baf42bf70d6e