41vcd1bpwql

目次 第一章 レイチェル・リンド夫人の驚き / 9 第二章 マシュウ・クスバートの驚き / 20 第三章 マリラ・クスバートの驚き / 40 第四章 「...
続き

コメント

朝が好きで、こどもの心が好きなのも、木や花や小川、自然のキラキラが好きなのも、きれいなひとやものが好きなのも、学齢期に読んだアンの影響です。腹心を欲していたことも、ギルバートのような人が現れると信じていたことも。自分の感情の起伏の激しさについても、どれだけ慰められたかわかりません。幼い時分は筋を追いかけるだけで精一杯だったけれど、今は訳文の端々にあるユーモアに笑みながら、ゆっくり味わいながら読んでいます。

その他のコメント

学生の頃から
ずーっとずーっとの愛読書。

もう、何回読んだことか…

しばらく間を置いて
大人になった今読むと
随分と印象が違っていて

こんなにも感動するお話だったんだと驚いた。

アンも周りの人たちも
ステキで魅力的。

あたたかくて、キュートで、
ロマンチック。。。

子供の頃は分からなかったアンの素晴らしさ、真っ直ぐさに大人になってからハマった本。

読者

7078e00b 88b9 4d23 b2d2 4294d2f87892C23297ff 4e40 44bc 90f8 aa7d870dfd7b9a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ffAfdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae0016d6dc50a 273d 4f97 8467 a0e6df9c3362Db636835 d679 40eb 8400 97b48a8574ec4cc3788b c938 45fc a41e d959eedee3e0752fe610 2cd7 43b0 be07 98c54f5ef85d 24人

文庫

61uua30ir6l
133cb222 9dc6 4940 abfd 10626929da7d

独歩。

ゆらり と どくしょ

中坊の頃に、 夢中になって よんだな と 心温まる仲間たち との冒険!ガキの頃は そんな世界に 行きたいなって 心ワクワクさせてくれた 懐かしい作品。 また、 読んで 冒険しよっかなと

1日前

8b72f30b 1e29 4ef2 bd0e 3bcc706297287607e1c1 00bc 41a5 adec 2838ed2636c415fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c
51c%2b6oi02cl
Abcbaea3 a181 4074 b32c 7fbe24b4f67c

あーちゃん

読書は大人になってから楽しめるよ…

短劇というだけあり、短編集。 26もの物語が集録されています。 坂木司のほっこり系をイメージしていたので 「やられた!!」 という感じ。 時々ほっこり要素が入るものの、作品の大半がジメーッとした気持ち悪さが残ります… こんなにたくさんの話があるにも関わらず、1つのモチーフを使って描かれていたことをあとがきで知り、もう一度読んでみたくなります。 (でも、少しほっこり系を読んで休憩してから…)

1日前

007187e4 4d6d 42e5 aeb5 8cff7f0a9cc38a3718e0 3761 4b9c b4ed 829fd37e959790f6b286 7836 493e b0d5 4bd9739068d2
41qklyegv7l
25b9f30c 0dae 45f2 99ba 957cfe3afcfb

320

小説を中心に面白そうと思ったもの…

江戸で人気の和菓子屋「南星屋」。武家育ちながら菓子職人になった主人にはある秘密が。。。門外不出の菓子のパクリ疑惑をかけられたり、武士の子どもが弟子入り志願にきたり、和菓子屋を舞台に巻き起こる家族愛の物語。NHKの木曜時代劇とか土曜時代ドラマとか好きな人にオススメ。

2日前

440537a0 de1d 4a72 a2a4 4e6e2d5c4737014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae001 8
41xg11nyevl
Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

樋口有介さんの大ファンだ。 だから、何を書いても褒め言葉にしかならない。ルポライターの主人公が謎解きに挑むパターンは、シリーズ6作目にしても変わらず、しかも美女にモテモテなのも相変わらずだ。 まず、小六の娘さんとのからみから始まり、新担当編集者、元上司の警視、被害者のボーイフレンドの姉、いずれも美女ということになっている。彼女らとの、テンポのよい会話、その中の思わずニヤリとする至言、機知に富む台詞を毎回のように楽しませてもらえる。時には、主人公が彼女らにやり込められニヤリとする場面もあったりする。 日本にハードボイルドは、成立しにくい。そんな文化や風土の中で、このシリーズは確かに健闘しているのではないか? さて、謎解きの方だが、それはやはりこの作品を読んで楽しんでもらいたい。ただ、このタイトル『誰もわたしを愛さない』が、読み終えた時に深い読後感を残すことになる。

3日前