Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41vcd1bpwql

目次 第一章 レイチェル・リンド夫人の驚き / 9 第二章 マシュウ・クスバートの驚き / 20 第三章 マリラ・クスバートの驚き / 40 第四章 「...
続き

コメント

朝が好きで、こどもの心が好きなのも、木や花や小川、自然のキラキラが好きなのも、きれいなひとやものが好きなのも、学齢期に読んだアンの影響です。腹心を欲していたことも、ギルバートのような人が現れると信じていたことも。自分の感情の起伏の激しさについても、どれだけ慰められたかわかりません。幼い時分は筋を追いかけるだけで精一杯だったけれど、今は訳文の端々にあるユーモアに笑みながら、ゆっくり味わいながら読んでいます。

その他のコメント

学生の頃から
ずーっとずーっとの愛読書。

もう、何回読んだことか…

しばらく間を置いて
大人になった今読むと
随分と印象が違っていて

こんなにも感動するお話だったんだと驚いた。

アンも周りの人たちも
ステキで魅力的。

あたたかくて、キュートで、
ロマンチック。。。

子供の頃は分からなかったアンの素晴らしさ、真っ直ぐさに大人になってからハマった本。

読者

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8Icon user placeholderF7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda827078e00b 88b9 4d23 b2d2 4294d2f87892C23297ff 4e40 44bc 90f8 aa7d870dfd7b9a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ffAfdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae001 28人

文庫

ワイルド・ソウル〈上〉

ワイルド・ソウル〈上〉

417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f

まいむ

大学3年

この本の全てが正しいと鵜呑みには出来ない。そう分かっていても、国家という存在に対する恐怖の芽を植え付けられた心境である。力強い文章、登場人物達の緻密な心理描写、そして下巻に続く先の読めないストーリー展開にまんまと洗脳されてしまいそうになった。 暗雲立ち込めるような上巻のラストに、物語の行く末が気になってしょうがない。

約9時間前

Icon user placeholderIcon user placeholderE9118cf1 c3da 488c 85db 21fa174e1422 12
鍵のかかった部屋

鍵のかかった部屋

E28b3c51 cef9 46ea b7db 1095e8687c52

e

ほんのむし

2018年12冊目。開けっ放しの扉とか、ガタついているドアとか、そういうの見ると、榎本さんに侵入されちゃいそう…。って思うようになりました。/ 201801

約10時間前

Db0dc0ee b217 42c6 9310 f92a1d2670b17afdf5e7 ad75 4128 88ca a5942c639a31E9d33ee7 d990 45c3 b834 ad61cb6686b1