41vcd1bpwql

目次 第一章 レイチェル・リンド夫人の驚き / 9 第二章 マシュウ・クスバートの驚き / 20 第三章 マリラ・クスバートの驚き / 40 第四章 「...
続き

コメント

その他のコメント

学生の頃から
ずーっとずーっとの愛読書。

もう、何回読んだことか…

しばらく間を置いて
大人になった今読むと
随分と印象が違っていて

こんなにも感動するお話だったんだと驚いた。

アンも周りの人たちも
ステキで魅力的。

あたたかくて、キュートで、
ロマンチック。。。

子供の頃は分からなかったアンの素晴らしさ、真っ直ぐさに大人になってからハマった本。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholder13f06169 874b 41ba b3fe aad8e63fba1aIcon user placeholder14a62671 e018 404e bf0c f6afbf1b0e4fIcon user placeholderCd086107 8dc6 4d0d 8cf0 4c84f7ee23825c37b4b4 e3ce 4812 94b5 4e7411cda051 46人

文庫

13階段

13階段

Icon user placeholder

処刑する側の人間から見た時、死刑制度について考えさせられる。推測や予測から最善の選択肢を選べなかったり、不測の事態にうまく対応出来なかったり、人間味があり、引き込まれる作品。

1日前

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82aE2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec3e88720e d236 475d 8a78 812bc1db5fe3 59
白いしるし

白いしるし

Fbd72453 9578 4dee bdda 29b5d78e21ea

anne

読書とランニングが趣味

魂ごと恋をしたのに、触れたのに、愛されたのに、一緒にいられないなんて、そんなことがあるなんて、知らなかった 茫然とする彼女のその感情が痛く切なく、魂が泣いた 辛くて惨めで淋しくて、それでもかけがえのない恋

1日前

Icon user placeholderE0f70090 5193 42ac 83f7 14a94078786e23ad9c9c 23c2 4e3d 94ca c721b2efea40 136