41nwn4t3nml

あなたは走っていますか?人生には、走るシーンがつきものだ。中田永一、東山彰良、柴崎友香など、十四人の多彩な作家が腕を競う異色のラン小説アンソロジー。 続き

コメント

読者

92cc7c47 8c16 4ac5 8df8 1103aa1004c166e13f48 e921 4b68 b385 2cd454af44aa0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c 3人

東山彰良の本

ブラックライダー(上)

ブラックライダー(上)

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日…

ハードボイルド終末SF×ピカレスクウェスタン。 マイナス二十度のカンザスシティから、実録マッドマックスのメキシコへ。全てが壊れた後の世界で始まる黙示録、その終わりまでの物語。 「こうなったら」ロミオは弟に言った。 「『生も死も冷たく見ながせ』だ」 「ああ」スノーが応じた。 「『行け、騎馬の男よ』」 今年読んだ中でダントツの一番面白かった本。 たぶんこの先も何回も読むと思う。

3日前

3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3a46baa3a2 b5d4 481f a76a 26f9ada3ac55
ライフ・ゴーズ・オン

ライフ・ゴーズ・オン

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日…

“なにかの外側にいるような感覚。忘れかけていたけれど、ぼくはここ以外のどこにも存在したことがない。その意味で、つまり自分の居場所を確認するという意味で、嘘をつくのは最悪じゃない。最悪なのは嘘が報われないことで、もっと悪いのは嘘が報われることだ” どこにも行き着けない現実と、取り返せるはずもない“人生の負け分”。重ならない夕焼けにせめて、同じ名前をつけることが出来たら、別の何かを選べていたのだろうか。主人公がずっと、所在なさげに佇む夕方の子どものままに思えて、あらかじめ奪われた未来を考えてしまう。 東山さんの作品はどれも素晴らしいが、本作の重たい感じに直木賞の片鱗を味わせて頂いたような気がする。クールでシニカル、胸のすくようなユーモア、カッコいい小説が読みたいならこの人に決まってる。

約1か月前

ブラックライダー(下)

ブラックライダー(下)

3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3a

ilorina

40歳デザイナー

間違いなく取っつきにくい。ワラワラ出てくる登場人物の名前は全部長ったらしく、ワザとだろってくらい覚えにくい。文章も翻訳小説に寄せた文体でこれまた読みにくく情緒性も薄い。 それでもこの小説は素晴らしい、登場人物の誰もがこの世界で生き抜こうとする清々しい感情。様々な人間が混ざり合い、大きなうねりとなって仮想の世界をこれでもかと浮き立たせている。これほどの長編小説を書き切った作者の創造性、熱量には感動する。 冒頭に述べたように、間違いなく万人受けはしないだろう、誰彼構わずお薦めできる類ではない。(ついでにいうと荒くれ者どもばかりで口も汚い) 自身もこの本の素晴らしさを伝えたいのだが、登場人物の半分も名前を覚えていないのが悔やまれる。

4か月前

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc65646baa3a2 b5d4 481f a76a 26f9ada3ac55
夜汐

夜汐

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

物の怪では無いからファンタジーと呼んでいいのか。地図が載っているのでロードモノだろうか。 幕末にいろんな奴らに追われる男の話。 追っ手の1組が新撰組だ。 座りこごちの悪い本だったかなぁ。

8か月前

8f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573865986ab 3889 4155 b42d c9b0bfd9481e