41gkz3bst9l

コメント

今まで出てきた雑談系をわかりやすくまとめた感じ。
トレーニング方法が具体的で良かった。

無駄な文章が少なく要点がよくまとまった本。そうすると何故雑談は盛り上がるのか、試すとなかなか面白い。

目新しいテクニックや難しいことは書かれていないが、これを常に心がけられる人が成功するのだ感じた

コミュニケーションの可能性と発展性について新たな気づきを与えてくれた本。
具体的なフレーズやシチュエーションが述べられていてわかりやすい。反省すべき点がすぐに見つかり、明日からでも使える。
「声が低い人ほど声を高くする」「そして暗いイメージを払拭して社交的なイメージを演出する」
声の低い私は思わずハッとした。
話し相手や聞き手を退屈させない話し方、
会話のプランニングの大切さなど、学ぶべきことが多い。
「つまらない」と言われたくない。それならこの本をよく読めば解決するかもしれません。

雑談は信頼の入り口故に、重要視するべき。

大体はわかっている事でした。
ただ部下や新入社員には読んでもらいたい1冊です。

即効性のある小手先の雑談術が満載ですが、あくまで小手先です。
一歩間違えればジャイアンに媚びを売るスネ夫状態。
コミュニケーションに自信はあるけど雑談力を伸ばしたい。そういう人にオススメです。

会話を楽しむための、エッセンスが詰まった本でした。

でも、具体的なところが多いから、
読むときは会話を楽しみたい相手や、シチュエーションを想像すると良さそうです。

例えば、恋人を喜ばせることを考えたら、凄い真剣に読むし吸収できることが多そう!
(私は相手がいないので、尊敬する人との会話をイメージします笑)

ともあれ、会話は相手があってこそ成り立つもので、目の前の人を大切にする、尊いものだと思います。
お互いに楽しい時間を過ごせることは、信頼や好意へ繋がります。
いまはまだ下手っぴだけど、わたしと話す誰かに、喜びを与えられるようになったら嬉しいなぁ。
まずは、笑顔を意識してみます。

わかっていることも多いが、ところどころ気付かせてくれる本。OBOG担当をする前に読めば良かった。就活前にもまた読みたい。

定番中の定番の内容の為、
私にはあまり役には立ちませんでした。
人との会話に自信がない人には
凄く為になる本だと思う。

タイトルの付け方が上手いのか
内容的には?

スーッと読んでしまいました。あいづちにレパートリーの無かった私。違和感を持ちながらも「なるほど」「そうなんですか」と会話が途切れるあいづちしかできてなかった。あいづちの「さしすせそ」は、すぐに実践できるはず。為になる本にでした。

新入社員向けの内容でした。

こんな雑談していたらきっと疲れてしまう…

復習な感じ

読者

Icon user placeholder31f9d634 1a93 44b3 bd3e 3a53411ad907Ab54d8fb 65f2 4053 bba9 8cc23db7f30e7f28a56c 5d78 48f9 a221 3bef3b821d43C679b118 7132 4af8 91da 063ee59d462169702578 ca7a 4bde bf76 46cd40bc5d0dD63ec28f 0f22 4123 b04d 6d2f471218e73347c90b 6fbd 44fb 8871 00e4c510331c 82人

安田正の本