51ztvebk45l

マンホール、エントツ、看板、ハリガミ、建物のカケラ…。路上から観察できるすべてのものを対象とした。その旗印の下に都市のフィールド・ワーカーたちが集まって、... 続き

コメント

アナロジーをもって道端を見れば、何でもないモノも雄弁に語る、かもしれない。超芸術トマソンも同様。

読者

4692462d e698 4e50 8343 f3ac63fbbe3943974a7a af02 4b08 9dc4 5536af07ca5dA7e3d7c5 a589 4b16 a52f bbf82753fa567fbcb91b 1085 46f4 99b4 c5098ee7b273Bffb4b43 1e2d 44db 8d0f 78b57517de59 5人

赤瀬川原平の本

よみもの無目的

よみもの無目的

2e879b8e 9c34 4e40 beae 7f7b9120a15c

shosai_

読了 積読 ほか

無に意味を持たせることの意味こそ無意味 何気なくとった写真のすべてに意味がある あなたのカメラロールはどう?

6か月前

赤瀬川原平の今月のタイトルマッチ

赤瀬川原平の今月のタイトルマッチ

17d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af9

Komagataya

主に理工系かなぁ

赤瀬川さんは、毎月3冊分、タイトルだけで見て、1冊あたり200字程度の文章を書く、という連載を資生堂が発行していた花椿に掲載していた。その連載の1997年1月から2000年4月に掲載したものをまとめたのが本書。ちなみに何でちゃんとした書評ではなく、タイトルだけなのかというと、本書の冒頭で、赤瀬川さんは厚い本を最後まで読み切るのが苦手、ということが書かれていて、それを逆手に取った企画ということでした。

1年前