41yvq uflrl

"この、もの哀しく丸まった、無防備な背中を蹴りたい"長谷川初実は、陸上部の高校1年生。ある日、オリチャンというモデルの熱狂的ファンであるにな川から、彼の部... 続き

コメント

素人でよく専門的なことはわからないが、さすが芥川賞作品と言えるくらいの表現力の豊かさを感じた。一人称から語られる、群れる人たちへの拒絶などがよく共感できた。普通の青春小説ではなく、リアルで生々しいものだった。

その他のコメント

今更ながら読みました。現代の高校生の社会、が描かれています。一人お弁当や特徴をうまく捉えた突き刺さるあだ名。親の想像以上に過酷な社会で、お子さんは必死に居場所を築こうとしているかもしれません。

読者

5db91d57 ea73 4322 a64f cce7542208c6677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6D927cd2a fad5 4d2e 906e 75557a5bd3bfA12a5249 b612 4153 9316 2db5f8c383616540d065 b84a 4ad8 9102 372738f03d55Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 93人

綿矢りさの本

意識のリボン

意識のリボン

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

8話からなる短編集 物語もあれば哲学的なものっぽいのもある感じ 女性は犯罪被害者になりやすかったり 母親として子供の心配ばかりしたり 「このままならない世界で 手をつなぎ ひたむきに生きている」という帯の言葉に共感

9か月前

3acd53d0 50f4 46ba 9163 55fea05591793221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eIcon user placeholder 15
かわいそうだね?

かわいそうだね?

522b2427 7b6f 4545 9fc6 099fc68c2211

Chiiico

本から雑学を

大阪弁で怒り狂うのはすごくスカッとした。亜美ちゃんとさかきちゃんの関係はどこかで見たことある気がするくらいリアル。

9か月前

Icon user placeholder8c6c3606 bd58 44fe b6f6 3b56d7da9a2d9de8a6e9 8ead 4e7a 9fd1 811a28cd3db9 29
ウォーク・イン・クローゼット

ウォーク・イン・クローゼット

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

綿矢りさの作品はいつも可愛い女の子の声で脳内再生される。たとえ男が主人公であっても。綿矢作品は自分とは異なる感覚の人物が多く描かれるけど、でもわかるし、読んでて面白い。綿矢りさは不思議な作家だ。可愛い人だ。

12か月前

63353e1a 64d8 4d21 bf6d 3bd125f25571F3ac2af5 448d 4483 a66b e6eb57bc210686a624fb 953e 4b91 92b8 52fd6a10e77d 18