41ecklxzdzl

あなたに知っておいてほしいのは、人間にとって秘密を守るのはむずかしいということです。たとえひとりでも、あなたがだれかに当せんしたことを話したのなら、そこか... 続き

コメント

面白い!宝クジ当選に身も心も滅ぼされた人間の「どこにも心の落ち着き、終着点がない感じ」が見事に展開の中で示されている。宝クジ当選の異常性が、身の回りで起きる出来事の異質さで際立たされている。宝クジ当選は人生崩壊への序章なんじゃないかと思わされるほど。

(ちょいネタバレあり(?)の感想です)

先日、佐藤正午さんの「身の上話」を読みました。

最初は、主人公で書店員のミチルが、彼氏がいつつも、出版社の人と不倫をしていて、恋愛に関するトラブルの話なのかと思いきや、次から次へと、意外な展開が起こっていく、ジェットコースター・ミステリー小説で、おもしろかったです。

で、この小説は、ドラマ化されてるんですが、ドラマ化されるのも納得です(ちなみに、ドラマ版は、映画「落下する夕方」を監督した、会津直枝さんが、演出・脚本・プロデュースを、1人で手掛けてるみたいです)。

ただ、終わり方に関しては、もうちょっとスッキリした終わり方だったらよかったのになあと思ったりしました。

例えば、ミチルが、晴れて無罪放免になるとか、竹井輝夫の動機や人物像が、もっとハッキリするとか。

あと思ったのが、ミチルが東京に出てこなければ、もしくは、東京に出てきても、竹井輝夫に会わなければ、事件はなにも起きなかっただろうなあと(こんなことを言ってしまっては、物語が進んでいかないので、元も子もないんですが・・・)。

15年6月読了

読者

3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3a89f691a9 f020 41fa b05f 5e39ad0486e8Bb658a06 d923 4b99 b49e 397d7c4257d6Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Icon user placeholderEc3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e0458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb858 11人

佐藤正午の本

鳩の撃退法 上

鳩の撃退法 上

Bbe7ac86 1927 4179 96ce a5abeeefd167

muic

ゆっくり記録していきます

先が気になるのにはぐらかせ、はぐらかせ、読者の気持ちをわかっていてうまく翻弄させるような、手のひらで転がされてるような気持ちになります。続きが気になる。

5か月前

5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd168d3de15f f544 43c0 b58e a05495a144a897a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f351 28
月の満ち欠け

月の満ち欠け

9bba20e9 4127 422a 8876 1e23386ff4e8

田原

小説は舞城王太郎、道尾秀介、朝井…

イッキ読み。相変わらず読ませる。不気味、謎からの安堵。 あらすじもなにも知らなくてよかった。

6か月前

8fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766deDf852618 57e2 45ec a0ec 9dca94eca5adDdf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826be 52
5

5

41cee60a 705b 46c0 881d 9e5f7ef22b71

てつ

インドア派

また、なんかつい読んでしまう。

1年前

Bb4a8563 261c 4319 9007 fd31340978bc2e93f14f 5e55 42e7 87aa 5cc2e4ca66b9