41ecklxzdzl

あなたに知っておいてほしいのは、人間にとって秘密を守るのはむずかしいということです。たとえひとりでも、あなたがだれかに当せんしたことを話したのなら、そこか... 続き

コメント

面白い!宝クジ当選に身も心も滅ぼされた人間の「どこにも心の落ち着き、終着点がない感じ」が見事に展開の中で示されている。宝クジ当選の異常性が、身の回りで起きる出来事の異質さで際立たされている。宝クジ当選は人生崩壊への序章なんじゃないかと思わされるほど。

(ちょいネタバレあり(?)の感想です)

先日、佐藤正午さんの「身の上話」を読みました。

最初は、主人公で書店員のミチルが、彼氏がいつつも、出版社の人と不倫をしていて、恋愛に関するトラブルの話なのかと思いきや、次から次へと、意外な展開が起こっていく、ジェットコースター・ミステリー小説で、おもしろかったです。

で、この小説は、ドラマ化されてるんですが、ドラマ化されるのも納得です(ちなみに、ドラマ版は、映画「落下する夕方」を監督した、会津直枝さんが、演出・脚本・プロデュースを、1人で手掛けてるみたいです)。

ただ、終わり方に関しては、もうちょっとスッキリした終わり方だったらよかったのになあと思ったりしました。

例えば、ミチルが、晴れて無罪放免になるとか、竹井輝夫の動機や人物像が、もっとハッキリするとか。

あと思ったのが、ミチルが東京に出てこなければ、もしくは、東京に出てきても、竹井輝夫に会わなければ、事件はなにも起きなかっただろうなあと(こんなことを言ってしまっては、物語が進んでいかないので、元も子もないんですが・・・)。

読者

Bb658a06 d923 4b99 b49e 397d7c4257d6Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Icon user placeholderEc3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e0458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb85835b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438F3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f10 9人

佐藤正午の本