513opl9ca7l

コメント

呼吸についての本はたくさん出ているが、抽象的な表現が多く、読む者の想像力、情報量で実践できるかが左右される。しかし、この本は解剖学、生理学に基づくボディワークが基本であり、実践しやすい。また、イラストが水彩画でうつくしく、その世界観としてもクリアな肉体を想起させてくれます。

読者

67e4aa60 6d03 40c0 a275 6e81402e363e01fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146a9e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c54746424249490 c6b8 4eef a753 5e6fc02be739 4人

新刊

さみしくなったら名前を呼んで

さみしくなったら名前を呼んで

5a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d2

yukimizuirosuki

じっくり選んでどっぷり読みます

さくさく読める。物語の始まりは読めるかなー?と思うものでも、いつのまにか先へ先へ読み進めたくなっている。 ひとつひとつの話の中に昔どこかに置いてきた自分の感情がある気がする。

40分前

F4203be0 41e6 49bd 8c12 dc29baeda02eB376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e2429fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4f 12
新章 神様のカルテ

新章 神様のカルテ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

大学病院編。四年振りの新作というのに、読み始めたら登場人物達が脳みその奥から湧いて出てきました。 静かで遠回しな苦言とジョークをそこはかとなく吐く栗原先生に拍手喝采ですが、当の栗原先生は、そんなことしかできない力不足を嘆いている。 「真面目というのは真剣勝負」漱石好きも相変わらずです。文学的な台詞回しも素敵です。

約17時間前