519up%2bzowyl

コメント

「体」についてたくさんのアプローチがされている現代、つまりそれは、「体を使う」ことが下手くそだということの裏返しのように感じる。
室町時代から現代に続く体系化された所作からも、沢山のことが学べる。
薄めの本だが、中身は濃い。

その他のコメント

呼吸、不随意筋、セロトニン。

身体感覚に必要なキーワード。

読者

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e24249490 c6b8 4eef a753 5e6fc02be7393fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b 3人

安田登の本

変調「日本の古典」講義  身体で読む伝統・教養・知性

変調「日本の古典」講義  身体で読む伝統・教養・知性

3bf4db9a 7533 4c1c 8782 8c0734cfc662

ゆず

動きになる前のものに関心がありま…

“ただ、能が育成するタイプの能力は、今の学校教育では求められてないんです。今の社会の仕組そのものが求めていない。そもそもこの能力の事を何と呼べばいいのか、名前さえ付いていない。  武道であれ、能楽であれ、あるいは宗教的な行であれ、それを育成する効率的なプログラムは現に存在するんです。でもその成果を数値的に考量する手立てがない。だから学校の授業には仕立て用がない”

7か月前

3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eFc3d5934 9c3d 44e1 9415 ffe44b1ad9532f38f486 1ec2 4ed9 b664 2f4349d5f10f
日本人の身体

日本人の身体

2293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d

aaooaui

読んだなら、書こう、なるべくなら…

日本人の、と前置きはあるが、決して讃歌でなく、懐古論でもなく。著者の「現代人は自分の身体を気にしすぎるのではないか」という疑問から発せられる様々な提議と、かつてこうあった、そしてそうあれるはず、にまつわる様々なヒントが散りばめられている。 昨今の若さ至上主義?を打ち出す各メディアに疑問符しか浮かばない40代に突入した自分にとって「花」という考え、見方はとても響いた。

約2年前

Icon user placeholder8c59ac02 39d7 49b7 b831 d7598ed25621