51irozf%2bjkl

ひたむきな自然児であるだけに傷つきやすい少年ハンスは、周囲の人々の期待にこたえようとひたすら勉強にうちこみ、神学校の入学試験に通った。だが、そこでの生活は... 続き

コメント

ヘッセの作品は自然描写が本当に綺麗。さすが詩人。
そして、青春時代の切ない心を痛いくらい突きつけられる。特に本書はヘッセの自叙伝に近いものだからとてもリアルです。

親と学校の先生とが、世界の全てみたいな時期があって、そこからの救いを恋愛や友情に求めたら、今度そっちから戻ってこれなくなってしまったりする。

こういう青春小説を読むたび、あの頃こんな大人になりたくないと思っていた大人に足を浸からせている自分にハッとする。

とりあえず、これが正しいことかわからないけれど、子供には勉強も大事だけど、遊びを疎かにしちゃいけないよと言いたい。そしてそれは、ちゃんと大人が言ってあげなきゃいけませんよね。
車輪の下敷きになる前に。

その他のコメント

宗教学の授業で先生が、「カントはこんな感じの少年だったかもしれませんね〜〜おほほ〜〜」って言ってた

つらくて苦しい本でした。
20年前に読んだのに、まだ心にある1冊。
あの頃だったから、強く心をえぐられたのか?
今また読みたい1冊でもあります。

読者

2c5dfb8e fbd8 4eee bb68 12fdbde93acf640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affE034a2e8 2cef 4b01 87f7 57c5b80f7260F323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a8186c90dd 02cb 4c88 abcd b6e457422b24D838e1d9 53e3 4bbd 88c2 c703ee80eb002d1e8bcb 860c 4a49 b1d8 ea9deb2a3c9d 34人

ヘルマン・ヘッセの本

車輪の下に

車輪の下に

2aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab7

Reki

宇宙を!地球を!幸せを創る装置一…

最近負のエネルギーの本ばっか摂食してるな。。。

10か月前

6f1b6118 99e3 4ecd 8f52 024a284c23aa705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5
ガラス玉演戯

ガラス玉演戯

4d6b2209 2b40 47c2 b704 6e4b902df08f

yossy

ふるさとの山に向ひて言うことなし…

晴れやかなエピソードが多く、読んでいて気持ちが良い。 誰もが心に持つ王国を立派に築くこと。壊し壊されるのではなく、認め合い融合すべきであり、「ガラス玉演戯」では、王国を次の世代に託す価値を見いだしている。 伝記の形式を採っていて、その主人公の遺した詩と短編集へと至るこの強固な建造物へ、誰でも簡便に訪ねられるようにした「復刊ドットコム」に感謝。

2年前