51cxvofoekl

コメント

表現方法なんでしょうが、、読みながら感じていかないと、内容が入ってこないので、ぐっと入り込んでいく感覚がすごい。

だらだらとした絶望と、泥のような疲労と、ときどき人と人との純粋な交流。純文学を感じました。張り詰めた言葉選びが読み手の理解を拒む。コピーライターだと聞いていたので、大衆に届けるためのコピーとは真逆の言葉の使い方に驚きです。

戦争を通してしか書けない芸術があるよなあ、と少しやるせない気持ちになりました。

読者

252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575cF50aa496 67c5 4734 a8f8 a5c2d5f9c8fb29c4ab89 1b08 483a a507 6f2ca5fd4abc3541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d50Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affIcon user placeholderC00a5b6d 82b6 4a25 8807 f4e4043cb59e 14人

開高健の本

オーパ、オーパ!!

オーパ、オーパ!!

Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141

はる

、。

中々釣れない。その間にあった人の話と教授の女食レポ キャッチアンドリリースがなんだか。 と感じたのは女だからか。

8か月前

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c80da502a 1085 4851 ac56 1cdb2c717279F50aa496 67c5 4734 a8f8 a5c2d5f9c8fb