41y6tw7e0ol

増田レポートが「どっこい生きている」地方にショックを広げている。このままでは地方は消滅するのか?否。どこよりも早く過疎化、超高齢化と切実に向き合ってきた農... 続き

コメント

高齢者が50パーセントを超える集落でも消滅しないこと、地方が様々な案を出して地域を盛り上げようとすること、いずれもその地域に誇りを持っているからこそできること。僕はベッドタウンで生まれ育ち地元に対して住みやすさはあるが誇りを持ってはいなかった。地元にアイデンティティを持てるような選択を将来したい。

読者

37fbd299 3c32 4329 ac74 56df19e6d4feIcon user placeholderIcon user placeholder6d0c567c 2696 4ff8 9dfb 93dfd81a377b75dd2710 dc1f 4b08 a7b9 20e4b8794ab1 5人

新書

読まずに死ねない世界の名詩50編

読まずに死ねない世界の名詩50編

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

詩を意識したのは映画「インターステラー」のディラン・トマスあたりだろうか。80年代に中学、高校、浪人、大学を過ごした身としては「詩=カッコ悪いもの」というイメージを持っていた(路上で自作の詩集を売るヒッピーのイメージ)が、何かしらのレビューをしたり、世界を伝えようとするときに具体性を伴わない一撃で伝えたい気持ちに、ああ自分は詩人になりたかったんだな、と体がガタがきはじめる年齢で思いはじめる。いや、それこそrage rage rageでいいんだけれども。今年見た「パターソン」にもぶん殴られたね。この書籍は東大駒場の生協で見つけた。ディラン・トマスはないけれども、くらっとくる詩篇は人生に必要だ。

1日前

F9a871c3 83cb 4026 a719 82192473f6baIcon user placeholder6c2d5d6d 3611 43a8 a56d 138bdb4386be
未来の中国年表 超高齢大国でこれから起こること

未来の中国年表 超高齢大国でこれから起こること

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

「未来の年表」の中国版。 遠からず日本以上の少子高齢化社会に突入する中国。長く続けて来たひとりっ子政策からの転換は、流石になかなか上手くはいかないらしい。 とはいえ、あちらは何せトップダウンでドンドン朝令暮改しちゃう国だから、いざという時の変えてしまうチカラは凄そう。そのベクトルが間違ってると、文化大革命や「大躍進」政策みたいな大惨事になるわけだけど、あれほどの間違いはもうしない気がする。 中国の次に来ると言われている、あらたな覇権国家はインドらしいのだけれど(生産者人口的に)、果たしてどうなるか?

5日前

自民党秘史 過ぎ去りし政治家の面影

自民党秘史 過ぎ去りし政治家の面影

Eb55cb01 7a1e 4d08 af64 451a7415e66a

(ㆀ˘・з・˘)

(c" ತ,_ತ)

良いのか悪いのかは知らないが、昔の政治家の方が危なっかしいくてイタいが人間が面白い。 今の育ちの良い政治家達を本にしても、この本に載るようなダイナミックなエピソードは出てこないんだろうな…と思った。

6日前

Icon user placeholderD418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40751b7b10 5c0f 4d4d 82ff 75809453b59d