51pljcpebyl

「境界」に漂うただならぬ空気  ひと口に国境と言っても、さまざまなかたちがある。検問所が設けられ、出入国の際に賄賂が必要なもの。フェンスはあるが穴だらけで... 続き

コメント

駐在の英国人ジャーナリストが中国の辺境を回り、少数民族の暮らしぶりを書いた旅行記。単身歩いて、人に会って話を聞いていく、旅の感じが際立つ取材で、合間に政治や社会情勢の豊富な考察が入っています。南はインドやミャンマー、北は朝鮮とロシアまで、中国の外側をひと巡りしています。

読者

06651f24 aa78 465a a583 00928bd4182c08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cC0d39821 ba4e 4cc3 8d5e 580329cfb296Icon user placeholderA0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a751b7b10 5c0f 4d4d 82ff 75809453b59dF4fb5c4d 53d0 4a52 b1cd ac26d8441aa647e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a 8人

社会

たった一人の熱狂

たった一人の熱狂

5cef2405 2710 4cb7 89d6 a4e067fea66d

にんざぶろう

学生

見城徹の生き様が綴られている。 全てに同意できるわけではないが、その人生の熱量には圧倒させられた。 特に 「小さなことこそ真心こめろ」 「騙されても騙すな」 は今から意識・実践でき、印象深い回だった。

6日前

Dbbda5d6 8b9b 4f0b a41f 30a0557c1bac37eb01ef 5669 4eb1 b347 9b7420b6e4768bba60c9 95ab 4dd3 912b f8b82fc8efca 9
日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか

日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか

F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9

misumi

30代

日本についてふと学びたくなり購入 日本の独自文化や誇るべき人間性、天皇とはどういう存在であるか等 正直読むと自国を何も知らない自分が情けなくなってしまう 終章は北野武との対談形式だが日本人とはどうあるべきかしっかりした考えを持っている

9日前

2485b3c6 fe9f 4f25 b8bb 18189565ecd31f76c422 1274 4b0a b8f1 3490f79bd3e9Icon user placeholder