510jtacxzzl

出版社と書店の間にあって、本の流れをつくる取次。著者はそこで、魅力ある手描きの日刊情報誌を出しつづけている。毎日毎日、彼の前を走り去り、また駆けもどる洪水... 続き

コメント

取次という書籍の代理店に勤める傍ら、書店向けに、なんと毎日手書きで、面白い本、売れそうな本などの「マルスニュース」なるものを発刊し続けた井狩さんの本。
絶版だったが、これもなんと東京堂書店が限定で復刻。
時代を超えて面白い。

読者

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a77574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5 3人

井狩春男の本

文庫中毒

文庫中毒

95ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd

シャルトリュー

漫画とライトノベルしか読んでない…

この本すごーーく便利です。 絶版文庫の目録や品切れ・稀少文庫のリスト、著者名で引ける全文庫リストまで掲載されていて、1992年から手放せずにいます。 なんせ、サンリオSF文庫の全リストがみれたのは、最近までこの本しかなかったですぜぇ。

約3年前