Btn appstore Btn googleplay
51d9awaphhl

奇妙奇天烈な地下の館、迷路館。招かれた四人の作家たちは莫大な"賞金"をかけて、この館を舞台にした推理小説の競作を始めるが、それは恐るべき連続殺人劇の開幕で... 続き

コメント

そういえば読んでいたなあ……、と。

読み終わった後の余韻で完全に感想書くの忘れてました。
いや別に義務ではないわけなのだが。

館シリーズ3作目です。お馴染みとなった島田のあんちくしょうがまたあんちくしょうします。

ミステリの感想書くときにいつも言ってるんですけど、ネタバレになりそうだから感想書きづらい。

まあそんなわけであらすじ

なんやかんやで迷路館に行った島田のあんちくしょう。大御所作家さんのお宅として使われている迷路館。今回訪れたのはその大御所作家の誕生パーティーを行うから。もはや言わなくても分かると思うが、ここから事件は始まる!!

ええまあ、綾辻先生、良い感じに騙してくれました。

2016/09/15

その他のコメント

館シリーズはやはりおもしろい。騙される爽快感がある。

館シリーズ第3弾。過去の作品より読みやすい。設定が小説(本)、というのがポイント。トリックはあんまりしっくり来ないけど、まぁ面白かった。

読者

4e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4fC2576e0a 6dbd 4e3a 9c19 a6d33fa33a0306f114b5 763e 46b9 a504 a5a7e1ab64ab003eef5e 42f5 4765 af57 c57211b35315Icon user placeholderCfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b709371abaace c584 498d 84e5 e132c188cdec6c381bd5 9159 4827 952a 6a4284adbc7b 34人

綾辻行人の本

十角館の殺人 限定愛蔵版

十角館の殺人 限定愛蔵版

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6

みつちや

推理研究会入会を機に、読書魂再燃…

ようやく読めました 時代ではなく、手に取った時が最高の読みどきと信じているので、今まで未読だった意味を理解しました 初版当時、私はクリスティに夢中で他が目に入らなかった あれから何十年 導かれるようにそして誰もいなくなったを再読する機会に恵まれ、そしてこの本に辿り着く 先に古典達を読んでてよかった! 新本格という話もようやく分かりました 今は更に次世代になりつつあるようですが 綾辻行人様お見事です。

約1か月前

殺人鬼

殺人鬼

92cc7c47 8c16 4ac5 8df8 1103aa1004c1

でこい。

OBK(お化け)物が好き。

和ジェイソンヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

約1か月前

63b94531 2ee4 4bf3 a4aa ca905bfc30267c1b1289 399e 445f a1a7 2eea4c2ebab4Icon user placeholder 8
十角館の殺人

十角館の殺人

4ac434fc fa99 46cf bce3 071e73212a9e

柿川

Twitter↓ 柿川@say…

そして誰もいなくなる、という予感にドキドキしながら読みました。登場人物達の推理に引っ張られて綺麗さっぱり騙されましたよ。面白かったー。

8か月前

0c952269 28a2 420d 81a6 620fbacd0e9a4916be49 74bf 4e25 9f77 54bb653d97ddA65a3b75 57ee 4fe6 8ebe 5cfff9275cf7 38
最後の記憶 (角川文庫)

最後の記憶 (角川文庫)

507febdf cc04 4a81 879c 833275baed62

朱林きつね

朱林きつねといいます

さすがとしか言いようがない。バッタの音の謎、母の恐怖の記憶の謎、そして主人公の苦悩…最後で「ああぁ〜!!そういうことね⁈⁈」とすっきり。 ホラーというよりかは幻想的な推理小説というような感じがします。面白かったです、良い読み物でした。

約1年前

Icon user placeholderDd24acff 891a 4e56 afea 77c2174758dfIcon user placeholder 11