41f6sjzdjgl

爆発的成長を遂げる組織を指す「スタートアップ」。起業や新規事業が求められる今、その方法論は高い価値を持ち、「日本が健全な社会を維持するために不可欠」と著者... 続き

コメント

本書では、スタートアップとはどういう思考パターンを持って意思決定しているのかを教えてくれる。
成功するスタートアップというのは最初から誰の目にも明らかな素晴らしい製品を作るのではなく、最初は一見不合理で反直感的なうまくいかなそうなアイディアに挑戦する。
そこから急激な成長を遂げた企業の示す「不合理に見える合理性」ともいえる行動原理を理解することは同様の成長を目指す上で非常に重要になってくる。
彼らが狙っているのは博打打ちやまぐれ当たりではなく、世界の不確実性を利用して短期間で急速な成長をすること。

著者自ら「これを読んでおいて」とぽんと渡せるような形を目指したというだけあって、副読本も不要でまとまっていて読みやすい本でかつ無駄なく網羅的な内容だった。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder66feff89 7503 4093 b855 5506bddb18682217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0cDc7bdb30 9008 43ac a4d3 c9ba45f83e8cIcon user placeholder2b0bf842 56ac 4324 afcf 38309cde08c3 14人

新書

カラス屋、カラスを食べる 動物行動学者の愛と大ぼうけん

カラス屋、カラスを食べる 動物行動学者の愛と大ぼうけん

55294e6a 7fce 4234 bbed 88b48b3c7bab

kantaroh

ブルーにこんがらがって

ヒッチコックの映画や大都市でゴミを漁る姿から忌み嫌われるカラス。 そんなカラスの数少ない専門家の研究生活を覗き見することができる。 もちろん、カラスだけじゃなく、その他の動物の調査の様子も沢山あるからご安心を! そして都会の片隅に生きるカラスを、迷惑な存在ではなく、隣人として感じられるかも。 あぁでも、食べるのだけは無理だなぁ。

約1時間前

昭和陸軍の軌跡 - 永田鉄山の構想とその分岐

昭和陸軍の軌跡 - 永田鉄山の構想とその分岐

38948064 0dfd 4e08 a0fb 6451e2c77602

bibi

本が好き

★★★★★満点 エリート達が何を考えどんな世界観から大局を見通し判断したかが分かるいい本。 二元論的に昭和史を振り返らず、各種情報をどう捉えて製作決定したか。えぐられるように分かる。 会社などの組織においても同様の事態は発生している。 改めて振り返りの重要さを認識できる良書

3日前

現代アート、超入門!

現代アート、超入門!

F92a7203 6d21 4c89 ae48 5c18dc4d61d6

yagibe

文庫、新書と1巻完結漫画の整理用…

マティスから始まってピカソ、カンディンスキー、キルヒナー、デュシャン、モンドリアン、マグリット、ロスコ、ウォーホルなど現代アートの流れがわかりやすく書かれていて、現代アートを見るのがより楽しみになった。

3日前

Icon user placeholderIcon user placeholderPicture 9