51s29rl oel

ペリーによって砲艦外交の屈辱を嘗めた日本は西周(にし・あまね)が、「侵略は善」たる「旧世界秩序」を学ぶ朝鮮を併合した日本にしかし、満州国は認められなかった... 続き

コメント

なんとなくタイトルから「いろんな戦争のことが書かれた本なのかな」くらいの軽い興味で手にとってみたのだがとんでもない誤解。かなり重要な作品だった。ちゃんと理解できているか不安なのだが…その昔、世界にとって戦争とはあくまで外交の延長にあるものでつまり合法な行為であった。どちらが正しいか裁けるものがいない以上、当事者同士で話をつけるしかなく話で無理であれば力でかたをつけるしかない、ということ。強者による弱者の征服もそのような文脈の中では正当な行為とされた。このルール(旧世界秩序)においては当事者以外は公平な立場を維持する、つまりどちらにも味方しないがどちらとも交易を行う、ことが求められていた。このシステムが原因で第一次世界大戦が起こり、その反省から「戦争は違法である」という取り決めがなされた。これが今ではほとんど忘れられているパリ不戦条約だがこれには違反者を戒める手段がなく、日本、ドイツ、イタリアの暴力を止める手段が違法と皆で取り決めた戦争しか無かった。この第二次大戦の反省も踏まえて考えられたのが今の新生活秩序であってその結果、征服戦争のようなものは起こっていない…ということが説明されている。「暴力の人類史」で説明されている暴力の減少には国際法の整備というシステムも貢献している、ということが分かる。第二次大戦の対立軸がなんだったのか、なぜあのような展開になったのか、また大戦後多くの植民地が開放され民族自決が台頭してきたのか、という大きな流れが「こういうことだったのか」と理解できた気がする。恥ずかしながらドイツとイタリアの憲法にも日本の九条と同じ条項が入っている、ということも知らなかったのでかなり新鮮に読めた。イスラム原理主義の台頭の意味やトランプのアメリカの振舞いがなぜ危険なのか等々、現在進行系の世界のことも説明されていてかなり興味深く読めた。非常に良かったのだが内容を踏まえて邦題を見るとかなりの違和感がある。原題「The Internationalists: How a Radical Plan to Outlaw War Remade the World」のままだと日本向けには不適切というのも分かるのだがこの素晴らしい内容をもっと的確に伝える術がなかったのか...とそこだけは残念。とにかく素晴らしかった。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cIcon user placeholder

新刊

カナダ金貨の謎

カナダ金貨の謎

De50eb23 bdf9 468d 9bfa dacbe1a59048

Chimaki

ミステリー好き、ジョジョ好き、本…

私的にはミステリーと言うよりは関西の街が出てくるのが面白くて、読んでる感じ。読みやすいので軽くサラッと読みたい時はアリスシリーズを選んでます。ただトリックは物足りない気がいつもしてる。

約15時間前

コレットのにげたインコ

コレットのにげたインコ

453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9d

IRIS

絵本・食・詩・ショートストーリー…

ブックサンタ2019の一冊にしました。 ・子どもしか登場しない子どもたちだけの世界 ・クリスマスとは関係ない ・家族関係や話が登場しない ・明るい配色とデザイン ・クスっと笑える箇所がある 以上、選んだ基準です。

約16時間前

かきバターを神田で

かきバターを神田で

453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9d

IRIS

絵本・食・詩・ショートストーリー…

シリーズ全て読んでいるけれど、今回がいちばん食の好みや普段気になっているトピックが多かった。 食に関わることならば宗教的行事のラマダンまで平松眼で書かれている。 個人的に世界に誇る故田部井淳子さんエピソードも嬉しかった。

約16時間前

5728673c 5af3 4736 9c56 4c7c0213fd3b08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c