Btn appstore Btn googleplay
51s29rl oel

ペリーによって砲艦外交の屈辱を嘗めた日本は西周(にし・あまね)が、「侵略は善」たる「旧世界秩序」を学ぶ朝鮮を併合した日本にしかし、満州国は認められなかった... 続き

コメント

なんとなくタイトルから「いろんな戦争のことが書かれた本なのかな」くらいの軽い興味で手にとってみたのだがとんでもない誤解。かなり重要な作品だった。ちゃんと理解できているか不安なのだが…その昔、世界にとって戦争とはあくまで外交の延長にあるものでつまり合法な行為であった。どちらが正しいか裁けるものがいない以上、当事者同士で話をつけるしかなく話で無理であれば力でかたをつけるしかない、ということ。強者による弱者の征服もそのような文脈の中では正当な行為とされた。このルール(旧世界秩序)においては当事者以外は公平な立場を維持する、つまりどちらにも味方しないがどちらとも交易を行う、ことが求められていた。このシステムが原因で第一次世界大戦が起こり、その反省から「戦争は違法である」という取り決めがなされた。これが今ではほとんど忘れられているパリ不戦条約だがこれには違反者を戒める手段がなく、日本、ドイツ、イタリアの暴力を止める手段が違法と皆で取り決めた戦争しか無かった。この第二次大戦の反省も踏まえて考えられたのが今の新生活秩序であってその結果、征服戦争のようなものは起こっていない…ということが説明されている。「暴力の人類史」で説明されている暴力の減少には国際法の整備というシステムも貢献している、ということが分かる。第二次大戦の対立軸がなんだったのか、なぜあのような展開になったのか、また大戦後多くの植民地が開放され民族自決が台頭してきたのか、という大きな流れが「こういうことだったのか」と理解できた気がする。恥ずかしながらドイツとイタリアの憲法にも日本の九条と同じ条項が入っている、ということも知らなかったのでかなり新鮮に読めた。イスラム原理主義の台頭の意味やトランプのアメリカの振舞いがなぜ危険なのか等々、現在進行系の世界のことも説明されていてかなり興味深く読めた。非常に良かったのだが内容を踏まえて邦題を見るとかなりの違和感がある。原題「The Internationalists: How a Radical Plan to Outlaw War Remade the World」のままだと日本向けには不適切というのも分かるのだがこの素晴らしい内容をもっと的確に伝える術がなかったのか...とそこだけは残念。とにかく素晴らしかった。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cIcon user placeholder

新刊

ワールド・バリスタ・チャンピオンが教える 世界一美味しいコーヒーの淹れ方

ワールド・バリスタ・チャンピオンが教える 世界一美味しいコーヒーの淹れ方

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

今まで正しいと信じてきたコーヒーの淹れ方は間違ってた!? 抽出方法や保存方法など、とにかく論理的でわかりやすい。 この本を読むと、偶然出会えてた 「最高の一杯」が必然に! そしてなにより、著者である井崎氏のコーヒーを愛する姿勢が気持ちいい。 自分のために。誰かのために。 筆者が願う、ホッと広がるコーヒーを通じた幸せの連鎖のためにぜひオススメ!

約3時間前

31e6f918 5815 4f2b 83bb 2b1fb3a8208d409f696e 0db8 40b8 8ec9 aa84d6c4939b
天空侵犯arrive(2)

天空侵犯arrive(2)

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

『天空侵犯』を知っているからこそ、分からないという…不可思議な現象に陥っています。 主人公と敵との人物相関図がまだよく分からなくて、なんとも言えない。 多分今はまだ起承転結の「起」なのだと思う。 世界の説明が意外と続いていて、頭の中で混乱。 ただ、主人公は特別な存在なのかな、とは思う。 最初からこういうVIP扱いって理火君くらいな気がして…難しいな。 でも、分かればきっと面白いはず!

約5時間前

天空侵犯arrive(1)

天空侵犯arrive(1)

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

あの『天空侵犯』が主人公を新たにして戻ってきた! 設定は、あのまま。 またあの悪夢のような物語が幕を開ける。 全く別モノとしてストーリー展開するかと思いきや、一応続きというか何というか…。 ユリちゃんらしき人の事も匂わせてるけど、あやふやなまま。 『天空侵犯』の時からストーリーはずば抜けて面白かったから、きっと期待出来るはず! 最初の1ページでこの世界観のことを「異世界」と言っていて、あぁそういう捉え方もできるのか、と納得。 異世界ってファンタジーな冒険モノのイメージが強いけど、別空間(?)も確かにある意味「異世界」な訳で。 つまり、この1ページ目から既に心掴まれていたんだな、と思いました。 楽しみ。

約6時間前

エンド・オブ・ライフ

エンド・オブ・ライフ

7d574782 709d 4e7e 877c 5b99bcb2cbd4

安達 竹男

台湾に駐在する日本人

泣いた。 私も、このコメントを読んでるあなたも、いつかは、死を迎えるけど、実際に命が終わる時、どのような最後を迎えるか、様々な人々の物語が、丁寧に綴られています。 医療も看護もなく、療養という名も排した、名前もつかないありふれた日々こそ、本当の幸せなんだと、あらためて知った。

約7時間前