512hgm4je6l

大学三年の一年間、モラトリアムに逃げこむように香港大学に留学したサホは、マイケルというABC(アメリカン・ボーン・チャイニーズ)と出会う。冴えない自分と、... 続き

コメント

はあちゅうの文にはなぜかいつも嫉妬する。わたしも思ってるそのことをうまく読みやすく書いてくるから。
形容できない人間関係が雰囲気のある背景で書かれていて悔しいけど終始わくわくして読みました。いつかもう一度読みたい。くう。2017/11/19 18:34

読者

2263f4a2 791b 4ffe b8fe 94d359b929a9014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b479400a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f92080271b53 92a6 4a11 affd 9e138d5f114b 5人

はあちゅうの本

恋が生まれるご飯のために

恋が生まれるご飯のために

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25

おかめ麦酒

本とお酒と映画が好きです。

電子書籍にて。 サクっと読めるけど、面白い。 はあちゅうは鼻につくとこあるけど(自らそのように演出してるんだろうけど)割と核心を付いてること多いよなーと本書を読んで改めて思う。 とりあえず、都市で働く20代前半女子はこれを読んで損は無い。(地方型ではちょっとまた違うと、地方出身だからこそ思います)恋愛とごはんと人付き合いについて沁みる一冊。私も27歳なんてなる前に、もっと前に読みたかったよ…。笑 これに早く出会っておけば、あらゆる時にもっとスマートに対応できた気がする。とりあえず「奢る奢られる」のとこだけでも役立つよ。むしろ男性も読むべき。 「大人にとってデートとは、ごはんを食べることである」確かに。(逆に、ごはん食べいこう飲みいこうという、誘うというハードルも下がるのは大人になってよいことかもしれない) 恋愛は楽しくご飯を食べられる相手を見つけること、結婚は一生一緒にご飯を食べる約束。わかるわー。切ない。。

約2か月前

「自分」を仕事にする生き方

「自分」を仕事にする生き方

48138974 905c 47b9 a3e9 30ba763f7e1e

Megumi Inoue

幅広いジャンルの本を読んで広い知…

実際に若くして自分を活かした働き方を実現しているはあちゅうさんの仕事論なので、説得力があります。一部は主観的すぎる考えにも感じ、共感できない点もあるのですが、はあちゅうさん自身がありふれた主張よりも偏りがあるぐらいの方が人の心を動かす、と考えていることも論じているので、そこまで踏まえて読むと一つの成功指針としてとても興味深いです。文章にも自分をリアルに反映している方で、とても魅力的だと思いました。

6か月前

43ee9770 28c5 4f8d 90ac 92e411d9fb14Db5c7002 11bb 4ba8 9edc dadfb31d90cc
疲れた日は頑張って生きた日 うつ姫のつぶやき日記

疲れた日は頑張って生きた日 うつ姫のつぶやき日記

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a

mame3

Books

仕事で煮詰まっていたり、何気ない一言に落ち込んだり、気分の浮き沈みを味わう時に開きたい「ビブリオマンシー( 書物占い)」のような一冊です。 「人は変わろうと思った時に何度でも生まれ変われる」 「仕切りの悪い男と仕切りたがりの女はモテない」 などなど、Twitterなどのコメント集なので、一文がとっても短く読みやすい。 スキマ時間に少しずつ読むのもおすすめ。 負担が積み重なって“うつ”が湧いてくるのを感じた時。 自分の中の“うつ姫”をキラキラに変える言葉を見つけられたらいいな。

7か月前

言葉を使いこなして人生を変える

言葉を使いこなして人生を変える

F11603e6 7980 4853 ba71 c021c99f74ca

はる

本を読むのはおもしろいですね。

はあちゅうさんの主観で書かれている感じはあったが、一つ一つの言葉の中に、自分をアップデートさせるのに良さそうな言葉がいくつかあった。かいつまんでもう一度読みたい。

約1年前

Msbiq4a9 normalAac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57 17