51qhhvsbwel

民俗学者布目准教授と助手の真矢。座敷わらしを探す旅で、子供が8人いる家族を訪問。いつしか子供が9人になり……。座敷わらし、河童、天狗と怪しいもの探しの笑っ... 続き

コメント

民俗学者の准教授とひょんなことからその取材旅行に同行する事になった大学生が日本の妖怪の正体に迫る、著者本人による書き直し2作に書き下ろし1作を加えた連作。
2人が巡る「正解のない世界」はとても興味深く楽しかった。
特にシリーズ化の予定はないようだがこの2人のその後が気になる!

ちなみに。
1編目に出てくる座敷わらし。私の母は遠野の近くの生まれだが子供の頃座敷わらしを見たことがあると言っていた。その母の話と布目准教授の解釈には非常に近いものがあって興味深かった。

その他のコメント

2018/05/05 読了
ちょっと“荻原浩”が読みたくなったので購入。期待通りサラッと読めた。この連作短編集、シリーズ化してもらわないと、その後が気になる。

布目准教授と真矢コンビの掛け合いは楽しい。
胸キュンしたいけど、あまりにも布目准教授は、鈍すぎる。妖の事に関しては、知識が豊富なのに。。。
布目准教授の妖に対する認識が新しい。怪しいモノに対する学術的研究ってチョット楽しい。
シリーズにしてほしい。布目先生の妖のウンチクが聞きたい。

読者

8878da00 00f9 4f14 aaec eca7195cf316C185b318 7834 49ce bbf1 898607cc0fb1D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29Dfbd1143 4c06 47d5 b974 471791c7d8c04c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935dDbd9413e d059 40e8 b24a d4cedc5e0fd9 18人

荻原浩の本