51glgssmvjl

ミステリーに殉じた作家を敬愛する四人による驚嘆のアンソロジー。巧緻に練られた万華鏡のごとき謎、また謎。遊郭に出入りする男の死体が握っていた白い花に魅せられ... 続き

コメント

何が起こっていたのか、わからなくなりました。誰も嘘をついてないのに、なぜこんなにややこしくなるんだろう…と思うあたりが、楽しめました。

その他のコメント

初、連城先生本。桔梗の宿が好き。綾辻先生と伊坂さんの対談も良かった

読者

F1c12f28 3dbf 456f ab71 7d63cf97e576Icon user placeholderFab08fed 8d96 4d84 a603 9102362de160Ed6cbd54 f4b0 4bcc a6e9 354962baeb62Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb002797 5人

連城三紀彦の本