5109lpqb6gl

『記憶力を強くする』で鮮烈デビューした著者が大脳生理学の最先端の知識を駆使して、記憶のメカニズムから、意識の問題まで中高生を相手に縦横無尽に語り尽くす。「... 続き

コメント

脳についての講義録。
知り合いの医師に勧められて読んだけど、おもしろかった。
心や記憶の仕組み、意識と無意識などについて研究者の視点だけど分かりやすく解説されている。

その他のコメント

「へぇ」と思ったページの端を折っていったら、折り目だらけになったばかりか、折ったページの裏にも「へぇ」があってどう折ったらいいか困ったりした。

記憶はあいまいだからこそ応用ができる。容量に限りがあるから色々なものごとをカテゴライズして覚えようとする。

読者

0906b403 a7cf 4775 bdd5 8082f181150a2d8240a5 1e4f 42bf af70 212487e71ac6Icon user placeholderIcon user placeholder94672d9e 97e5 4749 af08 3f6f1cecc2fe7c07e33c 1af7 43ef bc1e a8622d8bb77a92657f91 27f8 414c af22 c37a7811e65eC7c6a9b2 e4aa 447c 9b5b dd3f93497685 13人

池谷裕二の本

大人のための図鑑 脳と心のしくみ

大人のための図鑑 脳と心のしくみ

19044d62 6fd6 4172 b936 f96acc1a498a

九重篠

腐っている成人済みオタク

脳のしくみ全体について、イラストも多く使って解説していた。 やはり名称など難しいところもあったけど、脳についてはまだまだわからないことも多いんだなぁ。

3か月前

A2e279aa 1ad5 49b1 9267 debe374ab393Ed9b68eb 4cb1 4b66 85e1 fda670c5c469
パパは脳研究者 子どもを育てる脳科学

パパは脳研究者 子どもを育てる脳科学

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

そんじょそこらの育児本とは格が違う。 『進化しすぎた脳』の著者であり脳科学者の、池谷先生の実体験を書いた育児録。 科学的に、論理的に、 読み手におもしろく、 大きくて豊かなお父さんの愛情を、たっぷりのせて。 勉強になりました。 立派なお母さんへ、道途上。

6か月前

B88ae981 2271 4ae8 a748 089ee930174325edfd0f f9a6 40d8 891b f956daeffca5Ad5a55e5 fdd9 427e 9932 2c9845ccb175 11
脳はなにげに不公平

脳はなにげに不公平

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

「へぇ、そうなんだ」と思うと共に、これまでなんとなくそれが当たり前だと思っていたことに対し、「必ずしもそうじゃないんだよ」と優しく教えてくれるような本に感じた。 周りの人や環境を知ることは、自分を知るということに繋がっているのだと思う。

6か月前

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1Icon user placeholder13f06169 874b 41ba b3fe aad8e63fba1a 25