Btn appstore Btn googleplay
511zdx1jfdl

早々に進学先も決まった中学三年の二月、ひょんなことからヨーロッパの古城のデッサンを拾った尾垣真。やがて絵の中にアバター(分身)を描きこむことで、自分もその... 続き

コメント

当事者意識を持つことで変えられる何かはきっとあって、そこから少しでも良い社会が出来上がっていけると感じさせてくれた作品だ。

その他のコメント

探索、冒険。もっと、その部分が多ければいいのに。
子供が虐待されるのは嫌だ。

宮部みゆきの小説だな、と思った。物語の設定からちょっと魅力を感じず、序盤で飽きてしまった。中盤くらいまで読み進めるとなかなか面白いのだが、ラストはまあ、こんな感じかな、という思いになった

読者

Icon user placeholderF456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b02d750ff3 eaf9 4b3f b302 9936a2c560a19886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c62eec5fc e3b0 4557 9a2d a5785cccb4c4D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79eB6ec5a2f 6bdf 4a0f b62a 9f64fc30e2bbB0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a5 20人

宮部みゆきの本

スウェーデン館の謎

スウェーデン館の謎

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6

みつちや

推理研究会入会を機に、読書魂再燃…

有栖川有栖5冊目 今までの長編で一番面白かった アリスが背景を整えて火村先生はしばらく登場せず、登場後に推理が一気に加速するのが火村先生の魅力を引き出しています 結末はなんとなく読めるけど、足跡の謎が手品の種明かしのようにシンプルでスッキリで嬉しい なのに解けない私は… ミステリ不徳の致すところです

17日前

E7426315 6440 49a3 ba01 01595b29e392387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4fB605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7
三鬼 三島屋変調百物語四之続

三鬼 三島屋変調百物語四之続

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d

おひさま

活字中毒の書店員

購入した後で単行本ですでに購入既読済みだったと気づいたのだけれど、好きなシリーズなので結局また文庫で読み直してみた。 何度読んでも新鮮に面白い。 経緯も結末も知っているのに読み始めると止まらなくて最後の最後まで引き込まれる。 辛い話や怖い話も多いのに、不思議なのは後味に嫌なところがない事だ。 今回は新しい登場人物も増えてまた続きが楽しみである。

7か月前

1a2a5f8f 87ad 46f4 9869 fc6e5f0425639ace1916 3038 43c3 87f0 0cb16d5ab34dE9ae9575 cb95 48bd 80a7 c7a5acf6cc8f 8
新装版 日暮らし(下)

新装版 日暮らし(下)

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2017/07/01 読了 前作のように1つの話に収斂するのではなく、1つの事件が解決することでそれぞれが抱える「鬼」が解決する。 ラストは、「あーっ」てなる(^。^)

8か月前

F11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4e67312a8c 3de3 4d57 a37d 9b214dec951f4e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4f