510wess7egl

「へんな人と 暮らしはじめた。    お父さんとお母さんが   死んだので。」  35歳、少女小説家。(亡き母の姉) 15歳、女子中学生(姉の遺児)。... 続き

コメント

2019年7冊目。「あなたを愛せるかどうかはわからない。でも、わたしは決してあなたを踏みにじらない。」っていうの、すごい、愛の言葉だなあと思う。

読者

C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26cF7dc501c 6c33 4881 b635 664d542b2918Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bdC16ad50e abf4 4cb4 9566 f7fe65140893A0c83aa7 024d 4bf8 b6a8 c554669d0e4d00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920A633735b 5a78 4342 b996 5b884ee0e8db01ed1e15 1ba1 4093 95e6 ef497caa0736 12人

ヤマシタトモコの本

花井沢町公民館便り(3)

花井沢町公民館便り(3)

A647f3dd 8b9f 4d2b 94c5 18422f36d854

ゆすら

本の虫

事故?で花井沢町から物理的に出られなくなった人たちと、その周りの人たちのお話。 3巻で完結。 狭い人間関係で生きていくことや外の世界への憧れや、生き方が押し付けるわけでなくそれぞれの人生として物語になっています。 胸が苦しくなるようなお話でした。大好きです。

2年前