51t7ojttkbl

これだけは言っておきたかった――80歳の叡智がここに! 私たちの意識と感覚に関する思索は、人間関係やデジタル社会の息苦しさから解放される道となる。知的刺激... 続き

コメント

珍しく一晩で一気読み。意識に科学的定義はない。意識はそれを構成する要素が多いため、きちんと整理されないのが理由だと言う。でも、みんな起きてるうちは意識が一番偉くて、意識が自分自身であると感じているのに、だ。まだまだ人間の身体はわからないことだらけですね。

“大脳皮質には第1次聴覚中枢がある。ここの神経細胞はなんと周波数に従って並んでいる。ただし細胞間の距離は振動数の対数をとっている。ここでわからなくなった人は、ピアノの鍵盤を考えて下さいね。ヒトがピアノという楽器を創ったのは脳がピアノのようになっているからだと私は信じている。それでなきゃあんな変な楽器は作れませんよ。”

読者

Icon user placeholderIcon user placeholder3918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2bD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c6603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1Fc80c098 4ea6 4e2b 8be1 2b677d4cc7102a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4ed3bf4db9a 7533 4c1c 8782 8c0734cfc662 10人

養老孟司の本

真っ赤なウソ

真っ赤なウソ

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

『遺書』でまた話題になってる養老孟司さんのエッセイ。 『バカの壁』とは違う、 もう開けっ広げにフリーダムな書きっぷりが痛快でした。 その痛快さが楽しくもあるんだけれど、 ゆとり世代の自分と、戦時を知る養老さんの考え方の乖離に、 ページをくるたび愕然とさせられる。 個人的には「死ぬことと本気で生きること」が響いた。

1日前

笑いの力

笑いの力

55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724

m a chi *

本読むのすきです(◍´ᴗ`◍)専…

期待していた内容とはちがった。 でも「笑い」について、もっと知りたい学びたいと思わせてくれる内容だった。 ユーモア、大事。

約1年前

運のつき

運のつき

Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c

しずか

本、読む人の横顔も好きです

養老孟司がどんな人かも知らずに読んだ。独特な視点で説いていく。”死”に関する考え方や向き合い方が変わる。生=死 をわかりやすく。

1年前