51uqhnjgdel

嘘や騙しをふくむ熾烈な駆け引きを展開するマチンガ。彼らのアナーキーな仲間関係や商売はどのように成りたっているのか。みずから古着を売り歩き、500人以上の常... 続き

コメント

岸政彦『断片的なものの社会学』より。「小川は、タンザニアの都市部で漂泊する、路上の物売りの世界に飛び込み、その仲間に入って、そしてついに自分でもひとりの行商人になってしまう。」読むのが楽しみ。

5000円くらいします。はやく読みたい。

読者

Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a19dbe19df e154 4208 bbe4 03e90152563b      2 normal 3人

小川さやかの本