51hexj9s4pl

コメント

長々図書館から借りてたデカイ本もようやく読み終わった。「パリジェンヌ」展とここに掲載されていた「皇帝マキシミリアンの処刑」で自分がマネが好きなのだ、と気づいたり(オランピアも掲載されてます)。今、自分は「インターネットの外」に出てみたい。そうした思いの横にある芸術の数々。

その他のコメント

芸術とエロスとグロテスク。古典から現代美術まで、醜悪醜聞に惹かれる。

読者

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca5a455112 21e8 45b5 b48b 6f853b4c2745

アート

文楽のすゝめ

文楽のすゝめ

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

大阪出張を前に読了。ただ、7月公演は出張とかぶらない。世話物を見に行きたい。本の中で出てくる。「文楽は死の演技が最高」だと。人と違って本当に死を演じられるから。その死を見つめた大阪の人たちの死生観はどんなものだったのだろう。商いの街の人生はまた違う角度で見つめられるね。そしてそのためには人には物語が必要なんだな。

1日前

まちの文字図鑑 ヨキカナカタカナ

まちの文字図鑑 ヨキカナカタカナ

19827526 a639 4044 9981 d86c526cb750

Masahiro Kishi

書店現場購入主義

ひらがな編が出て半年後にカタカナが世に出た。でるのだろうな、と待ち伏せながら待ってたら、本当に出たな。昭和の文字っぽくなって、少し手を入れるだけでも文字デザインになるのは、なんのマジックだろう。しかしながら文字デザインの決着は、なんとなく締めを迎えそうな気がする。

16日前