Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51%2bl3s2vyvl

コメント

P81 苦痛は、いつになったら人生がふたたび耐えられるものにもどるだろうか、と疑いたくなるほど長くつづく。だが、快楽は、踏みつけられたクチナシの花とおなじように急速に色褪せ、記憶はその甘い香りをむなしくさぐる。

読者

D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c

ジョージ・アレック・エフィンジャーの本