51pa367g3ml

兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予... 続き

コメント

「おまえは俺に似て、嘘が下手だ」
遺伝子を、血の繋がりを、超える愛。

「春が二階から落ちてきた」
この文章のためだけに本を開いて、この文章のためだけに読み進められる。
出てくるの冒頭だけど。

伊坂さん作品の中で間違いなく上位に好きな作品。お父さんの言葉に気持ちが温かくなった

全て読んで、タイトルの意味が分かった気がする。事件の犯人は、そしてそれを起こした意味は。

この本をきっかけに伊坂ファンになりました。
兄と弟の温度感がいい。
物語が加速していく感じが心地良い。

先に死神の精度を読むとより楽しめるかも。

“本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ”
・大筋の展開は明瞭であるけど、細かなところで想像する余地が楽しめて良い。

オチが見えてた感が否めない。

「春が二階から落ちてきた」の書き出しが何の本だったか思い出せずに。伊坂孝太郎の本は面白いんだけど、読後の印象薄く、題名と内容が伴わないことしばしば。

この物語にとっては欠かせない要素である「レイプ」。これによってずーんと重たい何かが終始のしかかってくる。

そしてお父さんのおおらかな愛にじーんとくる。

遺伝子を超えた無償の愛
黒いもやもやは消えないけれど、救われるラストでよかった。

Spring has come and gone.

遺伝子の分析を行う会社で働く泉水には、春という弟と、素晴らしい父がいた。彼らが住む街で起きる連続放火事件と、街に描かれるグラフィティアート。泉水は春の勧めでこうした事件の解決に乗り出す。

事件の真相は比較的わかりやすく、複線回収の爽快感はやや弱め。でも、「本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ」という台詞を始めとした、物語の根底にある明るい人生観は、読んでいて良いなあと思える。
「世の中の悲劇は、一般人の勘違いと政治家の自信から起きるんだ」「人間と動物の違いは、物事に意味を求めるかどうかだね」など、素敵な台詞が多い。

重い話でもあるけど、お父さんの言葉に救われる。

大好きな伊坂さん原作の物語を、大好きな加瀬亮さん主演で映画化なって、幸せいっぱいいっぱい

3回目読了。ラストの、ストーリーがぐんぐん伸びていく所が好きで、父の一言が突き刺さる。”お前は俺に似て嘘が下手だ。” 読者まで、この一言に救われた気分になる。春と泉の知的なのにくだらないやりとりが良い。

読者

330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f3b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890feF239bf4f e528 43f7 b5f6 1a87afa865f0Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093428451f1 2605 4506 8bc7 9952ca7ab7c83891030c 90aa 4d21 a85c ab1fdf5f3759883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e040939b18d833 ff64 4461 98e0 418d0b78ed2a 135人

伊坂幸太郎の本

アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジーク

670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb858

ぴあーす

2017年以降に読んだ本をストッ…

相関と音楽と信念。安定の伊坂幸太郎ワールド。 くさくても気持ちよく読める。 ベタでも飽きずに読める。 ふとしたセリフ回しににやにやする。

18日前

A5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d3Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b709333d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902 71
キャプテンサンダーボルト 下

キャプテンサンダーボルト 下

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/04/22 読了 読書家の友人の評価は高くなかったが、伊坂初心者のボクには楽しく読めた。上巻からまさにノンストップ。ラストシーン、ちょっと疑問が残るが、何か読み落としてるのかな? 本を紹介してくれた友人にも感謝。

約1か月前

7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d07f27549 2608 4ee9 bb08 1fd4e79627a33461f976 7283 4644 a020 6250675cff38 10
火星に住むつもりかい?

火星に住むつもりかい?

2293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d

aaooaui

読んだなら、書こう、なるべくなら…

「善良」な市民が有名、無名で叫び、告発する「偽善」と「悪」。それらは現実、テレビやネットといったメディアで私に見慣れた風景であり、改めて物語として読むと本当にムナクソワルイに尽きるのだが、だが、あえて伊坂幸太郎はそこにこだわる。こだわり、描き、問うている。自分に、読者に。 物語は終わるが、晴れやかな気分になりはしない。小説は現実を超えもするが、現実もまた小説を超えてゆく。暗たんたる気分になりもするが、それだけに終わらない光もまた残される。あとは、自分だ。ヒーローはいない。読了後、タイトルにうなずく。

約1か月前

Icon user placeholderD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cIcon user placeholder 18
クリスマスを探偵と

クリスマスを探偵と

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

真実は1つなのに 真実を知らなければいろんなこじつけというか解釈の仕方で 物事が違って見えたりすることはあって そこから誤解や勘違いが生まれるんだなぁと思う

3か月前

Icon user placeholder8f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573B113b887 12f3 4ace a8af 315dfc23ecd1