51pa367g3ml

兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予... 続き

コメント

遺伝子の分析を行う会社で働く泉水には、春という弟と、素晴らしい父がいた。彼らが住む街で起きる連続放火事件と、街に描かれるグラフィティアート。泉水は春の勧めでこうした事件の解決に乗り出す。

事件の真相は比較的わかりやすく、複線回収の爽快感はやや弱め。でも、「本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ」という台詞を始めとした、物語の根底にある明るい人生観は、読んでいて良いなあと思える。
「世の中の悲劇は、一般人の勘違いと政治家の自信から起きるんだ」「人間と動物の違いは、物事に意味を求めるかどうかだね」など、素敵な台詞が多い。

その他のコメント

「おまえは俺に似て、嘘が下手だ」
遺伝子を、血の繋がりを、超える愛。

「春が二階から落ちてきた」
この文章のためだけに本を開いて、この文章のためだけに読み進められる。
出てくるの冒頭だけど。

読者

Icon user placeholder80f51ed9 5a97 4f46 8c10 87b5fc4a0f2e297a1221 eed7 4be4 a5ca 490d8531caa1E7e4c837 a83a 4e00 910f c1e1ee9acffa4c412943 1757 438d ac15 338661518ed9076813b7 f3fe 4605 b771 d8f38b5e2567B36099dd 2b9e 46b5 8b12 2a8715bcd03cB0b21dcc eca0 4ecd 901b 6b1274a2d9aa 149人

伊坂幸太郎の本