510pubaapnl

敗北が決定的となったフィリピン戦線で結核に冒され、わずか数本の芋を渡されて本隊を追放された田村一等兵。野火の燃えひろがる原野を彷徨う田村は、極度の飢えに襲... 続き

コメント

その他のコメント

〈極限状態を描く〉といったクリシェは必要ない。巧みな構造と語りの歪さ。そして天啓。それらをどう捉えたら良いのか、自分の頭では処理できない…。塚本晋也監督の映画も観ねば。

高橋弘希『指の骨』とセットで再読した、本家「戦争文学」。塚本晋也監督による映画も、ついに7/25より渋谷ユーロスペースほか全国公開が決定!!!

読者

Bf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c03C217fe9d f8fa 4ff2 b1f9 c837e4620069931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a0bd2904c e87f 4005 ae4b 62e3fd48793e89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eC64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b6bcc80d6 103b 4757 8705 6b5c52e76b7b579a43ba 1d10 4545 a210 310fda0aa26e 13人

大岡昇平の本

51vw9w z3ql
73dbdac5 eec6 4ea1 93fc 4e4d1beff0d8

ayaMurakami

びじゅつとほん

中原中也の詩の、どうしようもないさみしさが好き。山口の古本屋の店主に勧められ、大岡昇平編を。

2年前