9784779116148

発行元から

本格フレンチシェフが、実際に我が子に作っている離乳食を大公開!
シェフの父から息子へ贈る愛情レシピ。
本物の食には、人生を好転させる力がある。
3歳までに、食の本質=人生の本質を伝えるための本

「 離乳食でフランス料理なんて、ぜいたくだとか、やりすぎだと、みなさんは思いますか? 私はそうは思いません。なぜなら、私は高級食材を使っているのではなく、一般家庭にあるごくあたりまえの野菜や肉、魚を使っているからです。
 美味しい離乳食を食べると、赤ちゃんは食べる楽しみを覚えます。食事が楽しみになり、次にどんな美味しいものがくるんだろうと待っています。美味しくないものを食べさせ続けると苦痛になり、生きる(生命維持の)ためだけに、いやいや口に入れるようになります。その経験は、将来にわたってその人が死ぬまで影響するように思います」(本文より)

*レシピをご紹介する料理の例
タイム風味ニンジンのピューレ/鯛のクネル オニオンスープ仕立て/鶏ささみ肉とマッシュルームのポタージュ/牛フィレ肉と小松菜のごま風味煮込み/じゃがいものクリーム煮/若鶏モモ肉のバスケーズ/豚フィレ肉のソテー アニス風味 白菜の煮込み/ラタトゥイユetc…

目次

●はじめに……3歳までで食の意識が決まる
●第1章 離乳食はすべての食の基本
 人生を好転させる食の力
 離乳食から始まる幸せ作り
 これから始めるあなたに
 固さ・油脂分・糖分に気をつけて
●第2章 はじめてのごはん…野菜を美味しく
 応用の利く基本料理とバラエティ豊かな「風味」の工夫
 まずは野菜を美味しく
 多種多様に使えるじゃがいも
●第3章 モグモグできるようになったら
 赤ちゃんの好きな味を探す
 やさしい味の鶏と野菜の組み合わせでバリエーション
 牛肉・豚肉も野菜と上手に組み合わせられる
 本物の味に出合う
●第4章 もう一人前……幼児期からの美味しいごはん
 遊び食べが始まったら
 食文化は地形によって生まれる
●エピローグ もっと「美味しい!」のために
 ちょっとしたポイント

暮らし

着るもののきほん 100 LifeWearStory100

着るもののきほん 100 LifeWearStory100

3c0e8fdc 835d 45ec 9e4c 0a6a788bedfe

mikuloves_bb

出版社勤めの元編集者ですが、今は…

エッセイストの著者が描く小説としては、楽しめた。横書き、1テーマあたり3ページという区切りも読みやすい。 ニューヨークの小さい日々を切り取ったかたちで、生活を擬体験できるようなワクワク感があった。 気取った表現、重複した表現が散見され、気になるには気になるが、この本のタイトルに惹かれるような「ていねいに暮らしたい族」にはむしろ心地良いのかもしれない……。 流れや会話の端々に、矛盾や「それホント?」と首を傾げるような設定もあるが(主人公の母親が、海外旅行先では早朝と深夜に1人で散歩するのよ、と言うなど。深夜の海外を1人で歩くなんて危なすぎる……)、ご愛敬かと。 雑誌のおしゃれコラムを好んで読む人にとっては、それを一気読みできるチャンス!

2日前

愛の言葉がけ 子どもの人生を一生幸せにする

愛の言葉がけ 子どもの人生を一生幸せにする

60f4070e bf5c 4c9e 83d6 9e601b5526c5

lov__7__lov

2人で生きていくために

子供が産まれてからもう100冊を超える子育てや教育、しつけなどの本を読みあさってきましたが No1と言って良いでしょう。 天才に育てるには。。東大に入れるには。。 などの本が多いですが、この本は人間としての根本的な人間力の育み方が書いてある。 私は我が子に天才になって欲しいのではなく 幸せになって欲しいです。 そんな親が読むべき本。 子育てに毎日追われて苛々する事もないとは正直言えないですがそんな時この本を読むと心がスーっと楽になり幸せな気持ちにさせられます。

4日前

片付けない技術

片付けない技術

L98iuxza normal

ガリータ

標準より痩せ型です

何かすると気づけば、片付けからスタートしている自分がいる。どんなに片付けても終わりがなく、何度繰り返してしまう。 それならいっそ片付けなんてしないぞと読んでみた。整理整頓とは真逆な考えで、読めば読むほどそういう考えもあるなと勉強になる。片付ける、片付けないにしても大事なことは自分の居場所を作ることだと思います。 整理整頓ができないと悩んでいる人に薦めたい。

5日前

呼吸をふわっと整える

呼吸をふわっと整える

B5a83e97 e7bf 4d1f 8b8a 109675b88b28

としひろ

気付いたらアラフォー

呼吸が人の身体にどのような影響を与えるか、著者が自らの経験に基づいて解き明かす。生活の中で、こういう経験あるなということに、一つの答えを提示してくれる。古来から、養生法や武術で呼吸は重視されてきた。東洋においてはヨガや禅、太極拳、日本の古武術など。自分の呼吸を通して、自分の身体を操作する、相手との関係を作っていく。からだから心へ、心からからだへのサイクルの中で呼吸がどれくらい重要な位置を占めているか気づかせてくれる整体書。

6日前

6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9dA0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a 12