41dfkhl dll

伯母が遺したLPの小さなキズ。針がとぶ一瞬の空白に、いつか、どこかで出会ったなつかしい人の記憶が降りてくる。遠い半島の雑貨屋。小さなホテルのクローク係。釣... 続き

コメント

B面の最後。
針がとぶ。
そこに、わたしの聴くことのできない音楽があった。

その他のコメント

タイトルで買いです。針がゆらゆらレコードをなぞって流れていた音がふと途切れる空白の時間萌え。そこに萌える人にはたまらない静かに沁みる短編集。

朝起きたら忘れる夢みたいなふわふわした話だけど、読んでいる時すごぶる気持ちいい。

読者

Ebb09403 2d11 48e9 8205 e3d48af895c07096609a e405 4a63 93a9 5a8e755e848a69d21e99 b3b3 461b a629 6b943372182b3bdba863 3856 4b6e 886d 2e8e55c14d9773e2c18d 3d83 4164 8769 4eed88bde3fbC0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746A83410b5 a37e 422b 8ecf a1452d77ea78F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44 20人

吉田篤弘の本

41bpxoknwjl
F305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e9

風見鶏

好きなものを好きなように

別離により分断された国の中にある、小さな北の街キノフ。 そこでは言葉が凍り付き、パロール・ジュレと呼ばれる物質になるという。 そんな不思議な現象を探る為にキノフに派遣された諜報員、十一番目のフィッシュ。 彼は紙魚であり、本の中を自在に泳ぎ回る事ができ、また本の中の人物に変貌することができた。 そんな彼をはじめとし、パロール・ジュレに魅せられた人間達の物語です。 フィッシュを追う刑事ロイドの思惑や孤独。 水晶の目を持つ謎の女レンが漂わせる秘密や怪しさ。 パロール・ジュレを解凍し、凍り付いた言葉を拾い上げる解凍師たちの誠実さや孤独感。 キノフに住まう人々の雑多な感情。 それらがいかにも思わせ振りで謎めいています。 ドキドキするような謎ではなく、じんわりと不思議だなあと首を傾げたくなるような。 魔法めいた事柄のなかに謎がありゆっくりと紐解かれていきます。 ファンタジーのような世界観ですが妙に現実的です。 フィッシュの淡々とした語り口は、そのままキノフの淡々とした、少し冷たく、雑多で、優しい雰囲気に上手く溶け込んでいくように思えます。 街の中に流れる時間は美しく優しく寂しいです。永遠にそうなのではないかと、勘違いしたくなるほどに。 人々が凍結した言葉を解凍したときに、世界はかわるのでしょうか。 最後の最後、やっと辿り着いた結末にじんわりしました。 凄く好きな本です。 汚らしいものと美しいものが混在している世界なのに、穏やかで冷たい美しい雰囲気がたまりません。 文庫化された際に改題されましたが個人的にはこちらの題名のほうが好きです。

6か月前

31bi65ynubl
93184383 59e1 4695 ad70 9d281395b0c9

fs

91年生まれ。理学療法士。

曇天先生が絵の中を冒険する。 現実と絵の中との境目が曖昧に書かれていて、その曖昧さが心地いい。 時間と空間が混ざり合っていく。 また、50歳ということも1つのテーマとなっているみたい。

7か月前

9bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d1A26e4845 1e26 4848 be07 0d7579fc67ebD6bcc074 cee6 4950 90a5 fba828377598 10