51%2bktspwtol

中堅ゼネコン・一松組の若手、富島平太が異動した先は"談合課"と揶揄される、大口公共事業の受注部署だった。今度の地下鉄工事を取らないと、ウチが傾く-技術力を... 続き

コメント

社会、人間関係、矛盾、多面的に描いてあった。力の入った濃い本で、楽しめた。オチ、アレの解決策を深く考えたいと思った。考える必要がある気がした。、気のせいかも。。

業界を知ってるので、こんなことが小説になるんやって感じ。その感覚がダメなのか。。。当事者としては、懸命にやってるだけなんですけどね。
NHKのドラマも面白かったです。

サラリーマンのかっこよさを教えてもらった作品。

談合は必要悪なのか?
今すぐ脱却出来ないのか?
下請け孫請けの事を考えると悩んでしまう。
ただ談合をする大手ゼネコンは淘汰されるべき。

未来を自分の望む形にする為に、いまやることは何なのか‥それを教えられた気がします。

業界のことはあまり詳しくないけど、これを読んでる間は談合は必要悪なのかな、と思いつつ、仕事とは何か、を考えさせられました。とても面白かったです。

読者

Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eD41d5f4b 6558 4dff 8402 59615efef304Icon user placeholder1887da38 3934 4a69 9419 3975f33c01619d5bd932 da0c 4c94 ba2a 6f1f76e735bcBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bIcon user placeholderC5440a6a 2c87 4022 a073 d86759f6dcd7 26人

池井戸潤の本

下町ロケット ゴースト

下町ロケット ゴースト

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

これは、次のヤタガラス編も同時に出して欲しかったですね。すぐ、続きが読みたい! ガチガチの特許裁判は神谷弁護士を迎えて、昔を思い出す展開でした。佃製作所が手を貸したのはギアゴーストという会社。 ヤタガラスというのは、準天頂衛星の名前です。 これがどう佃製作所とギアゴーストとダイダロスと絡むのか。それは、佃航平、財前道生、伊丹の人間が関わるということです。個人的には、殿村経理部長も関わって欲しいと願ってます。 機械技術の話や裁判内容は難解ではありますが、イッキ読み必須です。

約2か月前

E70ad272 544f 4613 a86d a2e1d53ea09b65b89b30 f891 4d14 89af d24e21e2fbc60a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce4 15
なるへそ

なるへそ

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25

おかめ麦酒

本とお酒と映画が好きです。

ちょっとした待ち時間に読み切ってしまった。 さすがkindle single。 確かに電子でちょっと読むには丁度いい。 話としては、、、 落語じゃん。笑 ご主人の謎解きから、最後のオチが良かったです。

3か月前

オレたち花のバブル組

オレたち花のバブル組

330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f

Hajime Ishida

楽しく記憶に残す読書 【記憶に…

何年か前のドラマ「半沢直樹シリーズ」を思い出しつつ読んだ。 一度は精神的に病んでしまったこともある、半沢の同期の近藤が、意外にも活躍していて驚くとともに頼もしかった。 半沢直樹の相変わらずの不屈の闘魂には脱帽。 ドラマで内容を予め知っていても楽しめました。

6か月前