51%2bktspwtol

中堅ゼネコン・一松組の若手、富島平太が異動した先は"談合課"と揶揄される、大口公共事業の受注部署だった。今度の地下鉄工事を取らないと、ウチが傾く-技術力を... 続き

コメント

社会、人間関係、矛盾、多面的に描いてあった。力の入った濃い本で、楽しめた。オチ、アレの解決策を深く考えたいと思った。考える必要がある気がした。、気のせいかも。。

業界を知ってるので、こんなことが小説になるんやって感じ。その感覚がダメなのか。。。当事者としては、懸命にやってるだけなんですけどね。
NHKのドラマも面白かったです。

サラリーマンのかっこよさを教えてもらった作品。

談合は必要悪なのか?
今すぐ脱却出来ないのか?
下請け孫請けの事を考えると悩んでしまう。
ただ談合をする大手ゼネコンは淘汰されるべき。

未来を自分の望む形にする為に、いまやることは何なのか‥それを教えられた気がします。

業界のことはあまり詳しくないけど、これを読んでる間は談合は必要悪なのかな、と思いつつ、仕事とは何か、を考えさせられました。とても面白かったです。

オーディブルにて読了致しました。悪印象の強い談合を、その当事者たちの立場に入り込みながら楽しむ事の出来た、けれどまた、ゼネコンの苦悩の一端を考えることのできた小説でした。

若さゆえの実直さや、猪突猛進さに、自分自身の入社5年目頃を重ね合わせると、明日からの仕事も富島平太のような心持ちでやれるかな、などと思ったりもしました。

また本筋とは少し外れた、ガールフレンドの萌の、これまた20代半ば過ぎの女性が抱くのであろう、人生の選択を迫られ、右往左往する辺りも個人的には何とも形容し難いくすぐったい気持ちにさせられました。

読者

387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f68239590 79a0 4ed8 9948 f75959faedc61c046575 9802 405d a2b9 6cab4f6a1e9d66840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489c6075e469 a80d 4959 ab1d 69303252905b722c0bca 3b87 4156 94ec 10234f3745dd9a042a3b c765 497d a396 72617cab0e55Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e 33人

池井戸潤の本

ノーサイド・ゲーム

ノーサイド・ゲーム

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

アツすぎる! グランドでの戦いも。 会議室での戦いも。 そして、タイトルでもある ラストの展開。 スポ根✖️池井戸作品ならではの 爽快感! それがたまんない。

18日前

74cd2102 7f74 43ba 9750 706252bfc454Icon user placeholderA18e33a6 b068 4a33 ba9b e189b5518925 10
下町ロケット ガウディ計画

下町ロケット ガウディ計画

D6cfad9f 7539 4187 b064 2449c9588bba

たけちよ

23歳。銀行員。

池井戸潤さんの作品はだいたいパターンが決まっていて展開が読める。読める、にもかかわらず面白い、読めるのに先が気になって加速度的にページをめくるスピードが上がる。不思議。

11か月前

Icon user placeholderDa06e4bf 15b1 4197 862f e10963f3ab6492d06a10 2147 4a77 84f2 81176c2f089a 14