515ihi37vpl

半沢直樹が帰ってきた! 今度の敵は政治家だ! 出向先から東京中央銀行本店に復帰した半沢直樹に頭取から大仕事が降ってきた。破綻寸前の航空会社、帝国航空の再建... 続き

コメント

ページをめくる手が最後まで止まりませんでした。
半沢シリーズを通して、何度半沢直樹のように生きれたらと思ったか数え切れません。
それぐらい大好きなシリーズです。

やっと読めた。半沢の芯の強さを見習いたい。やっぱり、読んでよかった!

半沢第四弾。半沢さんカッコ良すぎ!早く次の半沢シリーズが読みたい。

読者

Icon user placeholder92c69765 4332 4e2a a0cc 1162fd661b14Icon user placeholder3fd02c7d 938e 4822 97c2 e101f588f5e241b0bf11 a584 4506 8c5a bb5636882dedIcon user placeholder469dc581 d1f4 41c6 8dea eb5ff9a64ae3C5440a6a 2c87 4022 a073 d86759f6dcd7 28人

池井戸潤の本

下町ロケット ガウディ計画

下町ロケット ガウディ計画

D6cfad9f 7539 4187 b064 2449c9588bba

たけちよ

23歳。銀行員。

池井戸潤さんの作品はだいたいパターンが決まっていて展開が読める。読める、にもかかわらず面白い、読めるのに先が気になって加速度的にページをめくるスピードが上がる。不思議。

約2か月前

Icon user placeholderDa06e4bf 15b1 4197 862f e10963f3ab6492d06a10 2147 4a77 84f2 81176c2f089a 15
下町ロケット ヤタガラス

下町ロケット ヤタガラス

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

いつも通りの展開。分かっていながら、理不尽な横ヤリにイライラしてしまいます。笑 無人農業用ロボットのエンジンとトランスミッションの開発を中心とした話の副題が「ヤタガラス」なんです! ニクいですねぇ。 根っこはロケットに繋がるのです。 そして下町の心意気が、泣かせます。

3か月前

Da06e4bf 15b1 4197 862f e10963f3ab64Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b5bdba938 f911 499c b90b 1828646bd07e 19