51we5u9hvxl

頭取命令で経営再建中の帝国航空を任された半沢は、500億円もの債権放棄を要求する政府の再生タスクフォースと激突する。シリーズ史上最大の倍返し! 続き

コメント

この本を読んでスカイマークの再建問題をニュースや新聞で見てると、大変さがリアルに感じられます。

半沢直樹シリーズ第4弾
銀行で働くことはこういうことなのかな?と銀行員ではない社会人一年目が嬉々として半日で読破してしまった。怒ったり劣勢な場合でも半沢直樹の言い分は的を得ている

ほんとに面白い。半沢シリーズ。堺雅人が見える。映画化希望。

航空会社側ではなく、取引銀行側の政治も絡んだ都合ってこんな感じかな?
でもこんなにはっきり言える銀行はないと思う。
良くも悪くも未だに護送船団方式は健在?

政治家も絡んだバンカーの大立ち回り。

半沢以外の登場人物にもスポットライトを当ててまとめきっているのは見事!一気に読んじゃいました

JAL再生、関わったことのある人なら絶対に読みたくなる一冊。

ドラマ半沢直樹の原作
ドラマの続きを小説で。

読者

F88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d3Icon user placeholderF4bfe9f7 e6fd 4696 b692 1137aabb7ee20102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd3419f920bd f6d5 4e2b 9d37 fc1e4b79fb1066a93fcb fedf 403a bb2d 31a5b5d5e9a95ce16a4e 631a 4333 beac 3eacf7b7c51a9fb79438 eab9 4d97 a4b8 f0c92db68343 41人

池井戸潤の本

下町ロケット ゴースト

下町ロケット ゴースト

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

これは、次のヤタガラス編も同時に出して欲しかったですね。すぐ、続きが読みたい! ガチガチの特許裁判は神谷弁護士を迎えて、昔を思い出す展開でした。佃製作所が手を貸したのはギアゴーストという会社。 ヤタガラスというのは、準天頂衛星の名前です。 これがどう佃製作所とギアゴーストとダイダロスと絡むのか。それは、佃航平、財前道生、伊丹の人間が関わるということです。個人的には、殿村経理部長も関わって欲しいと願ってます。 機械技術の話や裁判内容は難解ではありますが、イッキ読み必須です。

17日前

Icon user placeholderIcon user placeholder6ca31c9d d608 4c92 a4f3 f2f8c75fa949 9
なるへそ

なるへそ

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25

おかめ麦酒

本とお酒と映画が好きです。

ちょっとした待ち時間に読み切ってしまった。 さすがkindle single。 確かに電子でちょっと読むには丁度いい。 話としては、、、 落語じゃん。笑 ご主人の謎解きから、最後のオチが良かったです。

3か月前

オレたち花のバブル組

オレたち花のバブル組

330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f

Hajime Ishida

楽しく記憶に残す読書 【記憶に…

何年か前のドラマ「半沢直樹シリーズ」を思い出しつつ読んだ。 一度は精神的に病んでしまったこともある、半沢の同期の近藤が、意外にも活躍していて驚くとともに頼もしかった。 半沢直樹の相変わらずの不屈の闘魂には脱帽。 ドラマで内容を予め知っていても楽しめました。

5か月前