51we5u9hvxl

頭取命令で経営再建中の帝国航空を任された半沢は、500億円もの債権放棄を要求する政府の再生タスクフォースと激突する。シリーズ史上最大の倍返し! 続き

コメント

半沢直樹シリーズ第4弾
銀行で働くことはこういうことなのかな?と銀行員ではない社会人一年目が嬉々として半日で読破してしまった。怒ったり劣勢な場合でも半沢直樹の言い分は的を得ている

その他のコメント

この本を読んでスカイマークの再建問題をニュースや新聞で見てると、大変さがリアルに感じられます。

読者

7ecd3867 4232 4a75 8738 cbe1e11b727cF88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d3Icon user placeholderF4bfe9f7 e6fd 4696 b692 1137aabb7ee20102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd3419f920bd f6d5 4e2b 9d37 fc1e4b79fb1066a93fcb fedf 403a bb2d 31a5b5d5e9a95ce16a4e 631a 4333 beac 3eacf7b7c51a 42人

池井戸潤の本

下町ロケット ガウディ計画

下町ロケット ガウディ計画

D6cfad9f 7539 4187 b064 2449c9588bba

たけちよ

23歳。銀行員。

池井戸潤さんの作品はだいたいパターンが決まっていて展開が読める。読める、にもかかわらず面白い、読めるのに先が気になって加速度的にページをめくるスピードが上がる。不思議。

2か月前

Icon user placeholderDa06e4bf 15b1 4197 862f e10963f3ab6492d06a10 2147 4a77 84f2 81176c2f089a 15
下町ロケット ヤタガラス

下町ロケット ヤタガラス

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

いつも通りの展開。分かっていながら、理不尽な横ヤリにイライラしてしまいます。笑 無人農業用ロボットのエンジンとトランスミッションの開発を中心とした話の副題が「ヤタガラス」なんです! ニクいですねぇ。 根っこはロケットに繋がるのです。 そして下町の心意気が、泣かせます。

4か月前

Da06e4bf 15b1 4197 862f e10963f3ab64Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b5bdba938 f911 499c b90b 1828646bd07e 19