51csnhzqqql

少年の旅は、甘くてほろ苦い。 切なさの魔術師・乙一の快心ミステリ! 作家活動20周年、傑作ついに文庫化。 大富豪の家を狙い財宝を盗み続ける大悪党ゴディバ... 続き

コメント

黒でも白でもない、白に近い灰色の乙一。
黒乙一が好きな自分としては物足りなかった。
少年の冒険活劇なので、子どもの方が楽しめるかも。

2017/03/25 読了

昔読んだのを文庫で購入。若いときに読んだ方が楽しめると思った。

読者

3b30d5d5 14c1 4ed2 ba30 c8e6237444a9D748cf70 41f2 4356 9e75 8014e1b582d4F2f82b62 9e2f 49d0 a6c6 d5e70d3009b78a8ac339 8332 455f 9cad d3b908c0287bIcon user placeholder1852c7f9 c8a3 4c55 bfe9 81a2fc5cd664Ec0ee646 174e 4e3e b7a5 879d1e90656fF7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda82 13人

乙一の本

少年探偵団―少年探偵

少年探偵団―少年探偵

127d8f60 7b05 45c2 bc16 0283273312aa

Tatsuya

本好き

2018.10.12 最終的に怪盗20面相の能力で解決している感は否めないが、字面だけでアニメ以上に映像として想像できる点は感心

1日前

Da89d462 9367 4b41 968a 24fe70ba90576cd227dc 4993 4c94 90fd 1e6b820d9745B839f0bb b4a7 4f0a b618 c8ca8a807b06
少年少女漂流記

少年少女漂流記

Bf298046 4536 4519 868c 4f944ce9e00a

うきわ書房

コミック、CD、ZINE、イベン…

古屋兎丸好きの友達に読みやすいからと貸してもらった。 まず少年少女それぞれの問題提起からはじまり、最後に全員でホームルームをしているときの古屋先生の美しい絵と、まとまりのある乙一さんの物語がとても綺麗だった。正直、かなり偏った考えを持つ登場人物らに少し共感をしていて不安だったのだが、ラストまで読んでよかった。 「中二病」という言葉を作ったのが伊集院光だとはじめて知った。

8か月前

Icon user placeholderFcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b92748581b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba57