6180balwa7l

コメント

これを官能小説だと言う人の気持ちも解る。それくらい官能的な作品。しかし、ここまで精密に画策された物語と、夫婦各々が《隠れて記す日記》をお互いに盗み見る事で夫婦の会話が行われる《陰険さ》と、その中に確かに《日本の美》が内包している作品というのは稀である。

ミステリーの要素も多くあり、江戸川乱歩に影響を与えたのも頷ける。表現方法、心的描写が何とも素晴らしい。ストーリー自体がとにかく面白い。

谷崎潤一郎、私のとても大好きな日本紳士であり、共鳴させられる変態です。

その他のコメント

読者

05d8182e 87bc 48b6 a94a 50615cb7dd389427ac7a 2db9 4f7d 8407 cdaa2064546aA5ffb3e5 7fb4 47ae 9652 3c1ce62ab7e7 3人

谷崎潤一郎の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

6か月前

9ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc652d3893ff 7bc4 4c12 af6d 249f655eb6daIcon user placeholder 25
痴人の愛

痴人の愛

47a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf

なおちゃん

なおちゃん25歳!!

先日賢者の愛を読んだので再読! ナオミに勝てない譲治という構図はもちろんわかりやすいけど、作中ではナオミが美しいのか?または実際はそれほどでもないのか?とどちらともとれる表現なのが切ない。 ナオミは一般的には、こんなに入れ込むほどの女じゃないのかもしれない… けれど、2人で完結してる世界、羨ましくないこともない。

約1年前

Dc0d2c60 eeaf 4c8b a825 fda24ead664e8cd725ca 2539 4ad5 8cf7 3b1985decebeIcon user placeholder 35