Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51tpcvois6l

人の記憶を消す事を生業とする一族・けしや 鎌倉に古くから続く奥乃院家…その実態は、人の記憶を消す事を生業とする一族「鎌倉けしや」。けしやは人の記憶に... 続き

コメント

友人に借りて読了。

本当にけしやがあるなら依頼したい。

赤石路代はP.Aがものすごく好きだった。かなり古いけど、今読んでも面白い漫画だったよなー

とても興味深い話でした。まだまだ知らない世界はたくさんあります。こういうものは誰しもの心に存在します。

読者

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b253bf82bef c2a8 496f b102 52e6fc0ef964

コミック

しまなみ誰そ彼 1

しまなみ誰そ彼 1

F278bd7d d688 4054 8301 14d6a8fe87d8

euro

大好き!読むべき!というコメを見…

★5 多くの人に読んでほしい道徳的な良本。性的マイノリティ(LGBT)の話であり、繊細な心の機微を描いたマンガ。絵が綺麗で読みやすい。現在3巻まで出ている。 分かり合えなさが、差別や偏見などの悪意の原因であるなら、知る努力はひとつの解であろう。ただこのマンガでは、独善的な善意も害となることをわかりやすく示している。そして、LGBTがオープンになりつつある新しい時代に生きる者が、心にそなえるべきを得られるマンガであると感じた。

1日前

10acfce6 8955 4ef2 be7a 24e4bb9c163364d80464 472b 4469 9f98 387fb5670e9477f51409 4b4d 4122 9a71 3913d352d3f4 10
クウデタア<完全版>

クウデタア<完全版>

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

50年代に起こった青年たちによる事件を元にした物語にして文芸批評。社会と内面のズレを解消するために「行為」に走った青年たちと「文体」に走った作家たち。 小説というものの存在価値とその価値の不可能性を同時に感じてしまい虚しくなった。大江健三郎や石原慎太郎、福田章二などを読んでみたくなった。 厚さ5センチという圧倒的質量に怯まずに読んでみて欲しい。

3日前

000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261