51chp0bllal

羨望と嫉妬、禁忌の愛――。快楽の果てに、その鏡は奈落の闇を映し出す。ヴェネツィアから流れ着いた一枚の鏡。その鏡は磨いた者の願いを叶えると噂されていた。脳病... 続き

コメント

読者

26bf068d 8584 433b 8c89 a2d9bcdeb986Icon user placeholderEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09 3人

秋吉理香子の本

聖母

聖母

3e88720e d236 475d 8a78 812bc1db5fe3

アキ

サスペンス好きリーマン

ラスト20頁には驚きました。 とても面白かったです。

4か月前

71abaace c584 498d 84e5 e132c188cdec23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849
自殺予定日

自殺予定日

Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435

りんご

東京都 伊坂幸太郎さん、誉田哲也…

イッキ読みでした。文章も良い感じに読み易く、展開も綺麗。

2年前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eD5a6691b adf0 419c 99c3 a82c187b6465A0519bc1 adf1 48d2 8f1f 79c3bfbff234
暗黒女子

暗黒女子

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

ある私立女子校の文学サークルの定例会ーそこでは伝統に従って闇鍋が開催されている。 そして同時に行われるのは、部員6人による自作小説の朗読。 しかし異様な空気が漂うのは、会場が暗闇に包まれているからだけではない。 それは今回の小説のテーマが、一週間前に飛び降り自殺を図ったとされる前会長の白石いつみの事件だから。 次々に部員たちが読み上げる作品、そこで彼女たちは各々いつみを殺した犯人として、別の部員の名を挙げ糾弾するのだが…。 二転三転するいつみという少女の実像と一見美しく華麗なこの文学サークルの本当の姿は、ラストですべて明らかになる。 あー美しい少女たちはみな残酷である。

2年前

Icon user placeholder6eaa02f2 b30f 4398 b171 ce3d745a8b4d0824f0e4 292d 4455 b3c9 2138f43572c1 25