41v3bn hiol

第一章 マチ弁(町の弁護士)、かく語りき ~弁護士ひとすじ33年 第二章 ラジオ技術者、ラジオ愛を語る ~ラジオマン人生、24年 第三章 70歳現役印刷営...
続き

コメント

その他のコメント

「もう、仕事なんて嫌だ」と思う時、渋々手にとって、我儘な自分をあきらめる一冊。♯lakagu

高いモチベーションで常に上に、先にという姿勢よりかは、
いつもの同じ作業をミスなく、リズムも狂うことなく、仕事に支障がないよう毎日気を使うことの大切さを学べる本。
アップダウンの激しい私はとても頭の下がる思いで読んでた。

読者

A1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb9393bfac9 2b90 4d3b bdc7 3d09acc2ea00Ebf18953 c636 47a5 a262 63688c1b161fC045a5fe 0c06 4266 8013 48f0506756e7Faff1d17 478f 4533 87ca 95acf9227d06E838e091 bdb6 4601 8377 189daf22e9eb73c19a9e 2757 40bd ae03 8b439afeabcd3fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b 8人

北尾トロの本

裁判長! これで執行猶予は甘くないすか

裁判長! これで執行猶予は甘くないすか

5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

前作の「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」(この本はオススメです、最近文庫にもなりました。ひとりの普通の男が裁判を傍聴しに行きながら、独特の世界をルポタージュしてくれます)から裁判傍聴モノはずいぶん増えましたが(書籍もブログも)、やはり私には北尾 トロさんの文章、好み(裁判傍聴での気になる所=作者の表現で言うところのコク)が私と似ているからだと思う。 些細な事件にも、当然被告人、被害者、弁護士、検察、裁判官などの複雑な人間関係があり、その人の一生を左右する様々な細かい出来事、事柄がある。 北尾さんの「いつ、私も被告人や被害者になるとも限らない」という姿勢と「いわゆる野次馬根性」みたいな下世話なモノとのバランスが良いと思う。 ただし、イラストは無いほうが良いのではないでしょうか? 「下世話」と「司法の現場」の両方に興味のある方、オススメ致します! 2007年 4月

2年前

E153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e0147F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1