516u7yvmdwl

骨になっても…、ぼくの声が君に届くまで生き続けると男は思った。血縁という呪縛の中で女は待ち続けた。闇の中、現代人はいかにして光を見出しうるか。数奇な運命に... 続き

コメント

大聖堂に祀られた《思考する骨》は自らの来歴を語る。
貧しい農村に生まれ、少年愛好者の地主に愛された幼少期。医学の道に進み、死期を予見する能力に目覚めた青年期。そして壮年期、皇帝付きの医師となるも革命が起こり、皇帝と運命を共にすることとなる。
《思考する骨》という特異な存在、昔の未熟な医療、解剖学、革命期のヨーロッパ…それらが醸す退廃的な空気は、“純愛”という物語のメインテーマが霞んでしまう程圧倒的だ。

読者

A168e774 2e89 495b 97e5 d20d655a5df2

文芸

その手をにぎりたい

その手をにぎりたい

5a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d2

yukimizuirosuki

じっくり選んでどっぷり読みます

カウンター越しの恋って色々あるけど、それがお鮨屋さんでっていう展開は初めて。職人さんから手から手へ渡されるお鮨、なぜが色っぽく感じる。このお店に通うために青子はキャリアを重ねていくけど、その度に感情がねじれてく。 出てくるお鮨は美味しそうで美味しそうで。 最後にほろりとくる。好きな本です。装丁もすき。

約21時間前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a9922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f4522b2427 7b6f 4545 9fc6 099fc68c2211 14
ガルヴェイアスの犬

ガルヴェイアスの犬

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

ポルトガルの小さな村が舞台、たくさんの人々のそれぞれの人生。 その土地に生きた記憶を読みながら想像する景色が楽しかった。 『誰にだって、運命の場所ってもんがあるのさ。誰の世界にも中心がある。』

2日前

5cc4c863 6d4a 4e8c 8fd1 236841283cd6Icon user placeholderEfcf6eeb f774 4dbe 9d59 ff4b87d0d146 9