516u7yvmdwl

骨になっても…、ぼくの声が君に届くまで生き続けると男は思った。血縁という呪縛の中で女は待ち続けた。闇の中、現代人はいかにして光を見出しうるか。数奇な運命に... 続き

コメント

大聖堂に祀られた《思考する骨》は自らの来歴を語る。
貧しい農村に生まれ、少年愛好者の地主に愛された幼少期。医学の道に進み、死期を予見する能力に目覚めた青年期。そして壮年期、皇帝付きの医師となるも革命が起こり、皇帝と運命を共にすることとなる。
《思考する骨》という特異な存在、昔の未熟な医療、解剖学、革命期のヨーロッパ…それらが醸す退廃的な空気は、“純愛”という物語のメインテーマが霞んでしまう程圧倒的だ。

読者

A168e774 2e89 495b 97e5 d20d655a5df2

文芸

さみしくなったら名前を呼んで

さみしくなったら名前を呼んで

5a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d2

yukimizuirosuki

じっくり選んでどっぷり読みます

さくさく読める。物語の始まりは読めるかなー?と思うものでも、いつのまにか先へ先へ読み進めたくなっている。 ひとつひとつの話の中に昔どこかに置いてきた自分の感情がある気がする。

約5時間前

F4203be0 41e6 49bd 8c12 dc29baeda02eB376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e2429fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4f 12
新章 神様のカルテ

新章 神様のカルテ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

大学病院編。四年振りの新作というのに、読み始めたら登場人物達が脳みその奥から湧いて出てきました。 静かで遠回しな苦言とジョークをそこはかとなく吐く栗原先生に拍手喝采ですが、当の栗原先生は、そんなことしかできない力不足を嘆いている。 「真面目というのは真剣勝負」漱石好きも相変わらずです。文学的な台詞回しも素敵です。

約21時間前