516u7yvmdwl

骨になっても…、ぼくの声が君に届くまで生き続けると男は思った。血縁という呪縛の中で女は待ち続けた。闇の中、現代人はいかにして光を見出しうるか。数奇な運命に... 続き

コメント

大聖堂に祀られた《思考する骨》は自らの来歴を語る。
貧しい農村に生まれ、少年愛好者の地主に愛された幼少期。医学の道に進み、死期を予見する能力に目覚めた青年期。そして壮年期、皇帝付きの医師となるも革命が起こり、皇帝と運命を共にすることとなる。
《思考する骨》という特異な存在、昔の未熟な医療、解剖学、革命期のヨーロッパ…それらが醸す退廃的な空気は、“純愛”という物語のメインテーマが霞んでしまう程圧倒的だ。

読者

A168e774 2e89 495b 97e5 d20d655a5df2

文芸

偽りの書簡

偽りの書簡

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

1952年、フランコ独裁政権時代のバルセロナを舞台にしたミステリ。 主人公は女性記者アナ、そしてその彼女のはとこで文献学者のベアトリズ。 アナは男性記者の急病で社交界で有名な女性の殺人事件の担当に抜擢されるが、いわゆる御用記者であるから当然警察の意向に沿った検閲済の記事しか書けない。 ベアトリズは過去の政治的な言動を問題視され研究者としての道を絶たれ、現在は大切な書物を売って生活費の足しにしている。 男女差別や思想統制で不遇な境遇にある年齢も性格も違う2人の女性が、殺人事件をきっかけに、ともに才能や得意技を活かして闇に葬られようとしていた事件を解決していく。 社交界に詳しく頭の回転の早いアナの活躍はもちろん、ベアトリズが文献研究の知識と経験を活かして手紙の書き手の正体や動機に迫っていく独自のアプローチは、学術的である一方、蘊蓄に史料オタクの喜びが溢れ絶妙に面白い。

1日前

他人の顔

他人の顔

A28011f6 5568 4051 b8ee cc1699a8420c

m

本と旅に出ます。

終始不気味な空気が流れ続けているのは、顔を失ったことで世間から遮断されてしまった主人公の居心地の悪さの追体験か。 しかし都会で生活していると、他人は自分にとって単なる鏡に成り下がりがちだと思う。 言いたいことは大体、解説で大江健三郎が言及してくれていた。 映画版の武満徹による劇伴が素晴らしい。

1日前

78690c40 ddcf 4c45 b33e 88da43374341694e7e19 4f99 4cea 8f78 73dd7e9aae00Fb5c2ce3 4f84 45b0 ab32 3504621bb103
……なんでそんな、ばかなこと聞くの?

……なんでそんな、ばかなこと聞くの?

F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1

chisato

旅好き

まず、この時期に読めてよかったなぁと思いました。高校生のひと夏の恋のお話ですが、お盆の時期に読めたのってかなりタイムリーだなと思いました。 主人公はとっても鈍い男子高校生。物語は彼が生き返るところから始まります。そんな彼のそばで大人しくもずっとそばにいいて支える幼馴染のちょっと変わった女の子との恋物語です。 主人公同様、私もかなり鈍いらしく、ラストがどうなるのかずっと切なくなりながら読んでました笑 「…なんでそんな、ばかなこと聞くの?」女子高校生に表紙の顔で言われたらキュンとしちゃうよね笑

2日前

43cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca0347a47c3b dbcf 4bb6 aed3 3dba46730aea19827526 a639 4044 9981 d86c526cb750