51hzsb5mdwl

村上和久は孫に腎臓を移植しようとするが、検査の結果、適さないことが分かる。和久は兄の竜彦に移植を頼むが、検査さえも頑なに拒絶する兄の態度に違和感を覚える。... 続き

コメント

何が本当で何が嘘なのか。全ての謎が一気に明らかになる興奮を久しぶりに味わうことができた。

その他のコメント

孫娘への腎臓移植を断るどころか、検査さえも頑なに拒む中国残留孤児の兄に、盲目の主人公はある疑いを持つ。「この男は果たして本物の兄か?」

盲目が故の不安と恐怖を巧くプロットに練り込んだ傑作。

満場一致で江戸川乱歩賞を受賞したことも納得出来るラストの種明かしは暗雲が一気に晴れ渡るような心地よさ。

派手さはないがガッツリミステリーにハマりたい人にオススメ!

主人公が盲目だからこそ起こりうる謎が新鮮で面白かった。

読者

8b936247 b317 46e5 8d43 0342a53ac96e5f14cdd5 64d7 4d4e 9861 4bf89921793fE66bbb18 e6c6 4338 8637 3be0b0e9072cIcon user placeholder66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aBc415442 633b 4b6d b071 0ccba6850664Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b70935fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb 24人

下村敦史の本

黙過

黙過

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

「黙過」と冠を持つ連続短篇を模した、長編だと思います。長編を読むスタンスで、短篇を読む心情で読んでいってください。 重たいテーマでした。答えられない質問ばかりでした。変な疑問を持たず、過ごせるならそれはそれでいいのではと思ってしまう程、難しい問題に直面する人々。 語れずにいた、語らずにいた秘密のパズルがはまった時。この題名の真の意味を突きつけられる。 知ってしまった以上は、自分も責任を負わなければならない。 答えられない事ばかりだと知ったなら、考えねばならないでしょう。命というものを。

約1年前

D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eF4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c
緑の窓口 ~樹木トラブル解決します~

緑の窓口 ~樹木トラブル解決します~

F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1

chisato

旅好き

小学生ぐらいの頃、初めて樹木医という職業を知って、すごく憧れた時がありました。この本を見つけた時、その頃がすごく懐かしくなってきて、いつの間にか手に取ってました笑 主人公は区民の植物関連の相談に応対する「緑の窓口」担当の男性区役所員。ある日見かけた美人な樹木医さんに一目惚れし、その人と、職場のモテモテ先輩と一緒に樹木の謎を解決するお話です。 あいにく、私は樹木医さんのような感受性を持ち合わせておらず、あまり感情移入はできなかったんですが。。でも、ストーリー自体はポンポン進んでとても読みやすかったです!それに樹木のトラブルって結構多岐にわたるんだな、と普通に勉強になりました。 お話も面白いですし、植物好きな方には是非読んでいただきたいです( ´ ▽ ` )ノ

約2年前

Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a0970dd27f0 dbaf 4663 b13e bd61d8cd582e0dc8645d d9d1 45f1 8851 926a2980384d 10