41eebyyqz1l

船乗りマーロウはかつて、象牙交易で絶大な権力を握る人物クルツを救出するため、アフリカの奥地へ河を遡る旅に出た。募るクルツへの興味、森に潜む黒人たちとの遭遇... 続き

コメント

漱石と村上春樹が愛読者だった、それだけで読んで見たい気もするが、地獄の黙示録の原作であったということで必読になった。

この新訳をもってしても現代の本に慣れているとやや気合いがいるが、入り込んでしまえば一気に進みます。

闇とは密林であり、人の心でもある。

読者

Cd03bf38 93f6 4cf9 9bd1 52c04421f2b7Ce6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3

文庫

モモ (岩波少年文庫(127))

モモ (岩波少年文庫(127))

50cb26dc d0db 4c26 9d14 71f766668833

あっぱれ

まぁ気が向いたら読書する感じの普…

時間の概念や、心のあり方、生きる事 言葉に出来ないからこそ見失いがちなことに、エンデなりの形を与えた作品。 子供が読むより大人が読んでから子供に接してあげてください!という本

約2時間前

6c1f5afe e15e 4103 b5e0 35c53a93d7181dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483aIcon user placeholder 147
なずな

なずな

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

世の人は気軽に「あなたも子供を持てば判るわよ」ということを口走るが、子を持たず歳を重ねた者はそのたびに世間に対しての諦念といくばくかの心の痛みを感ずる。独身四十代半ばの男性がとある理由によって自らの子ではない赤ん坊を育てるこの小説は、身の丈にあった生活を慈しむといういつもの堀江敏幸の世界ではあるのだが、彼の作品の中では際立って生活感のあるかなり異質な作品だとも思う。

約5時間前

E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f44Bc0e4f44 2050 4f0c 842f 74aa43c2b87aCe28e02c 9ada 481f 9277 f0f0636950f5