41eebyyqz1l

船乗りマーロウはかつて、象牙交易で絶大な権力を握る人物クルツを救出するため、アフリカの奥地へ河を遡る旅に出た。募るクルツへの興味、森に潜む黒人たちとの遭遇... 続き

コメント

漱石と村上春樹が愛読者だった、それだけで読んで見たい気もするが、地獄の黙示録の原作であったということで必読になった。

この新訳をもってしても現代の本に慣れているとやや気合いがいるが、入り込んでしまえば一気に進みます。

闇とは密林であり、人の心でもある。

読者

39be70d8 2b89 477f 8865 27a8eda80b1aCd03bf38 93f6 4cf9 9bd1 52c04421f2b7Ce6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3 3人

文庫

ちょっと今から仕事やめてくる

ちょっと今から仕事やめてくる

2908537a a654 4bb6 9190 6d11bd831d0a

よし

あんまりホントか読まないんですが…

働くことの良いことも、悪いことも書いてあって。今の時代にありふれてる、働くことが当たり前だとか、やめたら負け犬だとかいう考えた方を覆してくれる話。

約3時間前

Icon user placeholder1964fa06 963e 4d5f 8e36 3f0895a7cd19D7000eb0 1104 43f5 9d34 3797b7caa805 195
小さなトロールと大きな洪水

小さなトロールと大きな洪水

B34cac5a 01ca 4493 95e7 bee2a969a01e

- asagimadara -

絵本・食・詩・ショートストーリー…

なんとも言えない、ムーミントロールの初版の挿絵の愛くるしさと多種多様な登場人物。そして、大きな洪水。作者は第二次世界大戦の混沌としたなかでしたためた、ムーミントロールの第1話は奇しくも8月の下旬という設定。この物語には癒しに包まれているのはそんな背景があったからかなのか。 ムーミントロールの大きさも想像しやすく書いてあります。

1日前

02ec299e adf4 4a1e a392 b66b2f6106440dbc66d3 3d3b 4c07 8010 d812425c8b96C85b5578 7021 4f6d 8879 129e7b2a43b2