41eebyyqz1l

船乗りマーロウはかつて、象牙交易で絶大な権力を握る人物クルツを救出するため、アフリカの奥地へ河を遡る旅に出た。募るクルツへの興味、森に潜む黒人たちとの遭遇... 続き

コメント

漱石と村上春樹が愛読者だった、それだけで読んで見たい気もするが、地獄の黙示録の原作であったということで必読になった。

この新訳をもってしても現代の本に慣れているとやや気合いがいるが、入り込んでしまえば一気に進みます。

闇とは密林であり、人の心でもある。

読者

Cd03bf38 93f6 4cf9 9bd1 52c04421f2b7Ce6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3

文庫

ロスト・ケア

ロスト・ケア

3bad9755 7e84 44cb 91b0 fa8c244c8ad8

小躍り太郎

好きな作家さん

きたる超高齢化社会に向けて、一度読んでおいて損はないはず。 もしも親が認知症になって手が付けられなくなったら、親の死を望む人は一体どれほどいるんだろうか。

5分前

2642492b ebb0 4eaa ae98 7745051d9efd840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2 10
夜市

夜市

3bad9755 7e84 44cb 91b0 fa8c244c8ad8

小躍り太郎

好きな作家さん

二つの物語からなるファンタジー性の強い作品。 ホラー小説の面白い所は怖さよりも、設定のぶっ飛び具合なのだが、こちらの作品はいい意味でタガがあまり外れていない為、ホラー小説に触れたことが人には取っ付き易くオススメ。 特にタイトルにもなっている「夜市」は読んでいて色々な想像を掻き立てられ、ワクワクする作品である。

約1時間前

25e181a6 c00b 4e37 9584 6ec45682f616922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5 64
ユージニア

ユージニア

4d05909f 8525 4932 9825 728a0e387132

あさきち

好きな作家⇒村上春樹、江國香織、…

恩田陸の小説はそこかしこにヒントが散りばめられていて、何度も前に戻って読み直しながら読了した。 一応最後には一つの事実が判明するのだけど、それが果たして本当に真実なのか? 読み終わっても不安な気持ちのまま、、 私ではいくら考えても解けなかった謎もあるので、種明かしを検索してみようと思います。

約12時間前

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921846336f888 e4c0 4c88 9eb2 3a4fefb623005b95716f 620f 4cd5 9824 e4394702c8fe 28