41eebyyqz1l

船乗りマーロウはかつて、象牙交易で絶大な権力を握る人物クルツを救出するため、アフリカの奥地へ河を遡る旅に出た。募るクルツへの興味、森に潜む黒人たちとの遭遇... 続き

コメント

漱石と村上春樹が愛読者だった、それだけで読んで見たい気もするが、地獄の黙示録の原作であったということで必読になった。

この新訳をもってしても現代の本に慣れているとやや気合いがいるが、入り込んでしまえば一気に進みます。

闇とは密林であり、人の心でもある。

読者

Cd03bf38 93f6 4cf9 9bd1 52c04421f2b7Ce6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3

文庫

さよなら妖精

さよなら妖精

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c

ハイパラ@ミニマリスト

読みたい本が、いっぱい!σ^_^…

ミステリーにして青春小説と言える。パズルのような謎解きと、そしてラスト。太刀洗シリーズに魅せられ手にした本書。期待を越えた仕上がりに感動すら覚えた。

約19時間前

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093Eae20dc9 4ff6 4b67 96b1 fce2d79b1823242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa 38