41eebyyqz1l

船乗りマーロウはかつて、象牙交易で絶大な権力を握る人物クルツを救出するため、アフリカの奥地へ河を遡る旅に出た。募るクルツへの興味、森に潜む黒人たちとの遭遇... 続き

コメント

漱石と村上春樹が愛読者だった、それだけで読んで見たい気もするが、地獄の黙示録の原作であったということで必読になった。

この新訳をもってしても現代の本に慣れているとやや気合いがいるが、入り込んでしまえば一気に進みます。

闇とは密林であり、人の心でもある。

読者

590fa097 671e 4e31 a14c 406731ceda4939be70d8 2b89 477f 8865 27a8eda80b1aCd03bf38 93f6 4cf9 9bd1 52c04421f2b7Ce6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3 4人

文庫

天才はあきらめた

天才はあきらめた

9eff2376 715a 48e6 adbf 153adfada9e0

陰気な社畜が夜景を彩る

こういう業界のこういう本には、自身が人を不快にしてしまったエピソードは伏せられることが多いという偏見がある。だから、誰のことも傷つけたことがない成人君主しか成功者になれないと本気で思っていた。この本を読むまでは。

2日前

Ed9eb801 1b34 4184 977c 2e73dcf7d60117df5234 b9e5 4ab1 aab4 edf1339aef9e9c7492b9 a05e 484f a535 afbcf9f1b230 107
東京奇譚集

東京奇譚集

Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3

S

立命館大学

かたちあるものと、かたちないものを選ぶことになったら、かたちないほうを選ぶ。すべての水は与えられた最短距離を通って流れる。

2日前

Ed9eb801 1b34 4184 977c 2e73dcf7d601Bd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b2Icon user placeholder 48
白い巨塔

白い巨塔

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

ドラマを見てなんとなくあらすじや結末も知っていたけれど、改めて原作を読むと面白くてあっという間に5巻読んでしまった。

4日前

48b86f85 c709 4f4e bb51 d9ca240dc8ce642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991