41eebyyqz1l

船乗りマーロウはかつて、象牙交易で絶大な権力を握る人物クルツを救出するため、アフリカの奥地へ河を遡る旅に出た。募るクルツへの興味、森に潜む黒人たちとの遭遇... 続き

コメント

漱石と村上春樹が愛読者だった、それだけで読んで見たい気もするが、地獄の黙示録の原作であったということで必読になった。

この新訳をもってしても現代の本に慣れているとやや気合いがいるが、入り込んでしまえば一気に進みます。

闇とは密林であり、人の心でもある。

読者

Cd03bf38 93f6 4cf9 9bd1 52c04421f2b7Ce6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3

文庫

一路(上)

一路(上)

55ba2556 c132 44c3 8916 2c3e65216928

tsukac

時代小説、青春物が好きです。

お家のため、忠義のため、前にすすむ姿に胸が熱くなります。たまーにクスッと笑えて、上下巻あっという間に読み切りました。 映像化もしてるのでそちらもおすすめ

約13時間前

B5d94167 26a9 4781 bc73 155aaaedbe8eBe95840f 5606 4072 a020 b33d213213c92269fd78 70c6 4cd3 964d 71156b40eb8d 11